くつろぎ宿は、会津東山温泉で「くつろぎ宿新滝」と「くつろぎ宿千代滝」という2つの旅館を運営しています。

» くつろぎ宿 総合ホームページ

会津情報 スタッフブログ

「福島に桃源郷あり」と言わしめた【花見山公園】♪

本日のお天気は生憎の「しとしと雨」

肌寒い気温と相まって少し季節が巻き戻されているようです。

しかし、そんな会津にも桜の芽吹きが刻一刻と近づいてきております♪

 

先日のブログにてご紹介した県立博物館前の桜や、伊佐須美神社の桜などこれから咲く桜もあれば、

今がまさに満開を迎えている桜もあります♪

 

全国都道府県面積で第3位を誇る福島県は、横長な形になっていて、

太平洋側に面する、浜通りエリア

福島市や郡山市などを要する県の要所、中通りエリア

そして会津盆地に囲まれた、会津エリア

天気予報などでもこの3つのエリアで気候が全く異なります。

今、見頃を迎えているのは福島県の中通りにある福島市の「花見山公園」です♪

 

東北でも有数の桜の名所で、
市営の公園などではなく、公園を管理する阿部家の皆様が先代より私有地を開放している公園で、

花見山公園の周辺は、花木を栽培する農家の方が公開しているんです。

【花を見る山】の名前の通り、桜の種類として、代表的な桜のソメイヨシノ、
小ぶりな木で枝にたくさんの花が咲くトウカイザクラなどが咲き、
レンギョウやハナモモと云った春の花の咲き、
約70種類にもなる花々が咲き乱れます。

桜だけでなく色とりどりの花も咲く「花を見る公園」なんですね。

花見山公園は花木を栽培する農家の方の私有地という事もあり、
さくら祭りやライトアップは予定されていません。
しかしながら、花見山公園の最大の魅力は、
花見山公園を含めた一帯が福島の桃源郷と云われるほどの別世界のような色とりどりの花が咲くことです!!

 

桜のトンネルや菜の花畑、ハナモモの愛嬌ある可愛さなど・・・!!

行けばわかります。

「桃源郷」と言われるその理由が(●´艸`)

 

 

この日は行った時間が遅く、16:00前頃だった為、西日に照らされた花見山散策となりましたが、

空いていて写真を撮るにはちょうど良い時間帯となりました(笑

散策コースは30分、40分、60分と体力に合わせて選べます♪

私は60分【頂上コース】を意気揚揚登り、帰り道で食べようと思っていた

お団子屋さんも甘酒やさんも全部閉店になっており、先に食べればよかったー!と反省致しました。。。

大体17:00前後にはお店は閉まってしまうようです。

花見団子はお早目に確保するのがオススメです!(笑

きっとこれからは散り始めを迎え、これだけの桜の花びらが風に舞い散る姿はさぞ見応えがあるかと思います(*´∇`*)

 

そして、福島県で忘れてはいけないもう一つの桜の名所といえば、

【三春の滝桜】ですね♪

 

直近の冷え込みで昨年より開花が遅れていましたが、4/8に開花宣言がなされ、

これから約1週間程で満開になるそうです(*゚▽゚)/

なんと、ちょうど今週末4月13日(土)はお天気予報で晴れマークがついているので絶好の花見日和となってくれそうです♪

 

ぜひ、これから見頃を迎える福島県の桜たちに会いにきてください♪

 

くつろぎ宿 千代滝・新滝

くつろぎ宿は、会津東山温泉街に千代滝と新滝というおもむきの異なる2つの旅館を運営しています。
» くつろぎ宿 総合サイト

» 公式 LINE(予約や質問ができます)

» 公式 Instagram

くつろぎ宿千代滝

温泉郷を一望できる、高台に位置する千代滝

千代滝は、東山温泉郷を一望できる高台にあります。 館内には会津の地酒は常時30種類以上をご用意した、日本酒バー「地酒の館」もございますので、遅くまで地酒をお楽しみいただけます。 風呂は10階と2階の二か所にございます。 10階にある「遊月の湯」からは、会津城下町の夜景をはじめ、温泉街や温泉郷をご覧いただけます。天気の良い日には綺麗な星空が広がることも。
» 千代滝 ホームページ

くつろぎ宿新滝

温泉街中心部、川沿いに位置する新滝

新滝は、東山温泉街中心部、川沿いにあります。 館内には、歴代の会津藩公の湯治場だった岩風呂をはじめ、戊辰戦争のときに土方歳三が刀傷を癒した猿の湯に由縁あるお風呂など、4種類の源泉かけ流しのお風呂がございます。
» 新滝 ホームページ

-会津情報, スタッフブログ

© 2021 くつろぎ宿ブログ~勝手に会津観光局~ Powered by STINGER