東山温泉にある千代滝・新滝のスタッフが会津の情報をお届けしています。旅館のお得な情報、会津の観光情報、ぜひ、ご覧ください。

くつろぎ宿ブログ~勝手に会津観光局~

くつろぎ宿

くつろぎ宿は、東山温泉街に千代滝と新滝というおもむきの異なる2つの旅館を運営しています。

くつろぎ宿 千代滝・新滝

千代滝

温泉郷を一望できる、高台に位置する千代滝

千代滝は、東山温泉郷を一望できる高台にあります。
館内には会津の地酒は常時30種類以上をご用意した、日本酒バー「地酒の館」もございますので、遅くまで地酒をお楽しみいただけます。
風呂は10階と2階の二か所にございます。
10階にある「遊月の湯」からは、会津城下町の夜景をはじめ、温泉街や温泉郷をご覧いただけます。天気の良い日には綺麗な星空が広がることも。
千代滝 ホームページ

新滝

温泉街中心部、川沿いに位置する新滝

新滝は、東山温泉街中心部、川沿いにあります。
館内には、歴代の会津藩公の湯治場だった岩風呂をはじめ、戊辰戦争のときに土方歳三が刀傷を癒した猿の湯に由縁あるお風呂など、4種類の源泉かけ流しのお風呂がございます。
新滝 ホームページ

会津へのこだわり

会津の旬の素材をつかった創作会津郷土料理膳

両館とも”会津”をテーマとしていて、館内は会津らしさを感じられるよそおいとなっています。料理にも会津の地の素材を取り入れ、会津の風土を感じていただけるお料理をおだししています。
また、2つの旅館の距離は徒歩で約4分ほど、ご宿泊いただくと、両館の湯めぐりをお楽しみいただけます。
くつろぎ宿 総合サイト

このブログについて

当ブログ「勝手に会津観光局」は、そんな「くつろぎ宿 千代滝・新滝」のスタッフが日々更新しています。旅館の日々の出来事とか、会津や東山温泉の観光情報だったり、地元民だからこそ知る会津のお店やレアな情報などを綴っています。
(ちなみに、くつろぎ宿は「くつろぎじゅく」と読みます!)

会津はとても魅力的な地域です。

磐梯山山頂からの猪苗代湖の眺め

まず、自然が豊かです。国立公園に指定されている朝日磐梯国立公園に含まれる裏磐梯をはじめ、ユネスコエコパークに指定されている奥会津地域のブナ林や、日本で四番目に大きな湖である猪苗代湖や、7世紀より修験者の集う霊峰・飯豊山など、東京からわずか4時間ほどのエリアに、環境豊かな自然がたくさん残っています。
四季の移り変わりがくっきりとしており、四季折々で美しい景色を見せてくれます。

千代滝の展望露天風呂化から会津若松市街地をみわたす

千代滝と新滝のある東山温泉も、山や渓流に囲まれた地域ながら、会津若松市街地にある鶴ヶ城から車で10分弱の距離です。街の中にいながら自然をすぐ側に感じられるのも会津の特徴です。

会津の日本酒は世界的な評価をうけている

次に、会津は食事とお酒が美味しいです。会津は日本海側気候に含まれる積雪の多い盆地地形です。周囲の山々から豊かな水が会津盆地に流れ込み、冬の積雪が土地を潤します。朝夕の寒暖差、四季ごとの季節のグラデーション、そうした諸条件が会津の米や野菜を美味しくしています。
そして、(月並みな表現ですが)会津は水と空気が綺麗です。美味しいお米がとれて、綺麗な水がある、そんな土地にはもちろん美味しい日本酒があるのです。

会津藩の居城だった鶴ヶ城

その他にも、会津には豊かな歴史と文化があります。
鶴ヶ城をはじめとする、会津の武家文化はもちろん、商家建築をはじめとする商人文化、仏都会津の誇る寺院や仏像など、長い歴史の中で培ってきた文化が、そこかしこに息吹いているのが感じられます。

そんな会津地域には、観光スポットだけでなく、魅力的なお店や人がたくさんいます。
初めて会津にくるきっかけに、そして、それから何度も会津へお越しいただけるように、私たちのブログがささやかなきっかけになれるよう、ブログを綴っています。

会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝・新滝


東山温泉郷を一望できる、高台に位置する千代滝HP
千代滝

東山温泉街中心部、川沿いに位置する新滝HP
新滝

くつろぎ宿 総合HP
くつろぎ宿

更新日:

Copyright© くつろぎ宿ブログ~勝手に会津観光局~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.