くつろぎ宿は、会津東山温泉で「くつろぎ宿新滝」と「くつろぎ宿千代滝」という2つの旅館を運営しています。

» くつろぎ宿 総合ホームページ

スタッフブログ

【会津の地酒】利き酒 松コースのご案内

会津といえば美味しい日本酒です!
会津と聞くだけでお酒をイメージする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

千代滝と新滝は会津の地酒に力をいれており、夕食会場では常に30種類以上の会津地酒をお楽しみ頂けます。
しかも、千代滝には「地酒の館」という日本酒バーもあり、気軽に日本酒をお試しいただけるのが特徴です。

千代滝にある『地酒の館』

利き酒 松コース

さて、そんな会津の地酒を気軽に楽しみいただけるよう、夕食会場でお召し上がりいただける利き酒コースをご用意しています。
今日は利き酒コースの中の松コースのご案内です。

松コースは2種の大吟醸をご用意しました。どちらも会津を代表する大吟醸です。
3杯目には、利き酒がより楽しくなる一杯を本日のおすすめとしてご案内させていただきます。

利き酒『松コース』

松コース 3種類

末廣酒造 大吟醸 『玄宰』
会津若松市の末廣酒造さんが究極の鑑評会出品酒と紹介する"玄宰(げんさい)"。
名前は会津藩の名家老”田中玄宰”にちなみます。
酒造好適米とされる山田錦を35%まで精米、気品さえ感じさせる一杯です。
平成28年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞、甘味と酸味が一体となったその重厚な味わいをお楽しみください。

名倉山酒造 大吟醸 『鑑評会出品酒』
鑑評会で金賞受賞を続ける名倉山酒造さんを代表する吟醸酒で、名前もずばり『鑑評会出品酒』です。
蔵元自ら「五味の調和がみごとな理想の酒と呼べる自信作」と言うだけあって、飽きのこない飲み口はまさに逸品。
ちなみに、お酒の五味とは甘味、酸味、辛味、苦味、渋味のことで、この五味の調和がとれているお酒が良いお酒とされています。
お酒の理想に近づく『鑑評会出品酒』、ぜひお楽しみください。

本日のおすすめ一品
「玄宰」と「鑑評会出品酒」との利き酒がより楽しくなる一杯をご案内させて頂いております。

価格

3,000円

選べる3種類の利き酒

利き酒コースは松コースのほか、梅と竹がございます。

梅コース
竹コース

会津の地酒

白虎隊でおなじみの会津藩の城下町、会津若松の町は、江戸時代のピーク時で、326件もの酒蔵があったほどの酒処。
この地には、良質の米と名水があります。
今宵はぜひ、会津の銘酒を御賞味下さい。

※利き酒コースの内容は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。

くつろぎ宿 千代滝・新滝

くつろぎ宿は、会津東山温泉街に千代滝と新滝というおもむきの異なる2つの旅館を運営しています。
» くつろぎ宿 総合サイト

» 公式 LINE(予約や質問ができます)

» 公式 Instagram

くつろぎ宿千代滝

温泉郷を一望できる、高台に位置する千代滝

千代滝は、東山温泉郷を一望できる高台にあります。 館内には会津の地酒は常時30種類以上をご用意した、日本酒バー「地酒の館」もございますので、遅くまで地酒をお楽しみいただけます。 風呂は10階と2階の二か所にございます。 10階にある「遊月の湯」からは、会津城下町の夜景をはじめ、温泉街や温泉郷をご覧いただけます。天気の良い日には綺麗な星空が広がることも。
» 千代滝 ホームページ

新滝

温泉街中心部、川沿いに位置する新滝

新滝は、東山温泉街中心部、川沿いにあります。 館内には、歴代の会津藩公の湯治場だった岩風呂をはじめ、戊辰戦争のときに土方歳三が刀傷を癒した猿の湯に由縁あるお風呂など、4種類の源泉かけ流しのお風呂がございます。
» 新滝 ホームページ

-スタッフブログ

© 2021 くつろぎ宿ブログ~勝手に会津観光局~ Powered by STINGER