くつろぎ宿は、会津東山温泉で「くつろぎ宿新滝」と「くつろぎ宿千代滝」という2つの旅館を運営しています。

» くつろぎ宿 総合ホームページ

会津情報 スタッフブログ

【日本の佳き文化】奥会津「三島町」へ・・・「ふるさと会津工人まつり」

先日、桜の花びらが舞い散る頃(5月5日端午の節句)、
奥会津の「三島町」へ当てもなく車を走らせました。

道の駅 尾瀬街道みしま宿から見た只見川

奥会津とは、
会津の中でも、特に深い山で囲まれた、奥深くにあるエリアのことを指します。
方角的には、会津から新潟方面へ車を走らせて、途中南西へと折れた方で、新潟県十日町へと続く道を進んだ地域です。
「三島町」は、この奥会津の2番目に現れる町で、
「​日本で最も美しい村連合​」に加盟。
日本有数の豪雪地帯です。

​​

6月には、大クラフト市【​ふるさと会津工人まつり​】が開催され、この日だけは、あふれんばかりの人が、どこからともなくわんさかと集まり、自慢の"てしごと”との出逢いを楽しみます。
第一のお目当は「編み組み細工」。
編み組み細工は、長く深い雪国ならではの文化で、
農作業のない冬。厳しい寒さの中、指を震わせ、ひとつひとつ丁寧に編まれた傑作品です。
山ぶどうの蔓で編まれたかごバッグは、中には10万を超える代物も。
都内のマダムたちも憧れる、素朴ながら繊細で美しい作品を見ることができます。
ここ、三島町は「てわっさの里」(てわっさ=手を動かすさま)として、その文化が息づき、町の雰囲気が、それをよく現しています。
この季節は、あちらこちらで
よく手入れされたお庭で花を咲かせて

​訪れる人を魅了します。


1本の桜の木から4色の花びらに彩る珍しい桜の木。
よかったら見ていって、とおうちの方に声をかけていただきました。


三島町には、俗に言う「観光スポット」は、お世辞でも多いとは言えませんが、
来た人だけしか味わえない、なんとも言えない、情緒的豊かさを胸に、お土産に持ち帰ることができることでしょう。
行き先に迷ったら、是非訪れていただきたい町です。

 

「第33回 ふるさと会津工人まつり」のお知らせ

■開催日時 2019年 6月 8日(土)~2019年 6月 9日(日)
■お問合せ先 三島町生活工芸館
■TEL : 0241-48-5502
■ホームページ ​http://www.okuaizu-amikumi.jp/​
■場所 三島町生活工芸館

三島町のみどころ

​第一只見川橋梁ビューポイント​
海外のお客様に人気!!
→​スタッフが行きました!
ブログ:【只見線】第一橋梁を見渡す絶景ビューポイント
​霧幻峡の渡し​
道の駅 尾瀬街道みしま宿​
三島町生活工芸館
​観光交流舘からんころん​
​早戸温泉 つるの湯

くつろぎ宿 千代滝・新滝

くつろぎ宿は、会津東山温泉街に千代滝と新滝というおもむきの異なる2つの旅館を運営しています。
» くつろぎ宿 総合サイト

» 公式 LINE(予約や質問ができます)

» 公式 Instagram

くつろぎ宿千代滝

温泉郷を一望できる、高台に位置する千代滝

千代滝は、東山温泉郷を一望できる高台にあります。 館内には会津の地酒は常時30種類以上をご用意した、日本酒バー「地酒の館」もございますので、遅くまで地酒をお楽しみいただけます。 風呂は10階と2階の二か所にございます。 10階にある「遊月の湯」からは、会津城下町の夜景をはじめ、温泉街や温泉郷をご覧いただけます。天気の良い日には綺麗な星空が広がることも。
» 千代滝 ホームページ

くつろぎ宿新滝

温泉街中心部、川沿いに位置する新滝

新滝は、東山温泉街中心部、川沿いにあります。 館内には、歴代の会津藩公の湯治場だった岩風呂をはじめ、戊辰戦争のときに土方歳三が刀傷を癒した猿の湯に由縁あるお風呂など、4種類の源泉かけ流しのお風呂がございます。
» 新滝 ホームページ

-会津情報, スタッフブログ

© 2022 くつろぎ宿ブログ~勝手に会津観光局~ Powered by STINGER