くつろぎ宿は、会津東山温泉で「くつろぎ宿新滝」と「くつろぎ宿千代滝」という2つの旅館を運営しています。

» くつろぎ宿 総合ホームページ

くつろぎ宿のこと スタッフブログ

生トロ湯葉刺し×宮泉銘醸 写楽/創作会津郷土料理膳と楽しむ会津地酒

くつろぎ宿のこだわりである「お酒」。

2021年3月19日にリニューアルする「くつろぎ宿新滝」のメインダイニング「會KAI~米どころ酒どころ~」では、会津の日本酒の魅力をお伝えすべく、日本酒をテーマにかかげています。
(「會」に関する記事はこちら

くつろぎ宿では会津地酒にこだわり、会津地酒に合うお料理をご用意しています。

この記事では、そんな当館のお料理と一緒に楽しめる会津の日本酒をご紹介していきます!

創作会津郷土料理膳

くつろぎ宿では、ご夕食に「創作会津郷土料理膳」をご用意しています。

地元の旬な食材をもちいながら、会津の伝統的な郷土料理だけでなく、今の会津の魅力をお伝えできるお料理をご案内しています。

会津産コシヒカリ、郷土料理こづゆ、特製バター醤油ソースにつけてお召し上がりいただく国産牛の陶板焼、会津の旬野菜のサラダは豆腐のディップと一緒に,,,

一品一品にこだわりを持ち、ご提供させて頂いております。

美味しい会津地酒と一緒にご夕食をお楽しいいただきたく、本ブログ記事では当館の各料理に合う日本酒をシリーズで紹介しています。

生トロ湯葉刺し×会津の地酒

生トロ湯葉刺し

生トロ湯葉刺し

くつろぎ宿ではご夕食の和食膳(創作会津郷土料理膳)のお造りに生トロ湯葉刺しをご用意しています。

地元のお豆腐屋さんから、毎朝新鮮な湯葉を仕入れています。

大豆の甘みが感じられ、なにもつけずにそのままお召し上がりいただけます。

湯葉のツルリとした食感をお楽しみください。

今日は湯葉の甘みを引き立てる、ほど良く酸味のきいた会津の日本酒を紹介します。

※お造りは季節によって予告なく変更となる場合がございます。

宮泉銘醸 「純米吟醸 写楽」

宮泉銘醸 写楽 純米吟醸

熟練の杜氏が活躍する中、若手の蔵元杜氏によりその名を全国に広めた注目の酒蔵です。

研究に余念のない彼らが造り出す、緻密な設計による繊細な味わいは、多くの鑑評会で金賞を受賞するなど折り紙つき。

「純米吟醸 写楽」は口に含むとまず、華やかに立ち上がる果実を思わせる香りと、丸く甘みある口当たりが感じられます。

ふわりと広がる程良い酸味と、フレッシュ感のある辛みが広がり、あとに残るコクのある甘みが静かに消えていくなか、ふたたび立ち上がる華やかな香りがお酒の気品を感じさせます。

香りや味わいのさまざまな要素が、その役割を見事に果たし生まれる展開に心躍る一品です。

生トロ湯葉刺し×純米吟醸 写楽

湯葉のツルリとした口あたりを華やかにし、お酒のほど良い酸味が大豆の甘みを引き立てます。

溶けてゆく湯葉の後味と華やかな残り香が、素晴らしい余韻となって広がります。

「写楽」は入手困難な一品と知られ、地元の酒屋でも頒布会など販売方法も限定されています。

くつろぎ宿では長年のお付き合いから、安定して仕入れをさせて頂いております。

ご来館の際はぜひ一度お試し頂きたい一杯です。

次回予告

今回は湯葉の大豆の甘みと日本酒の酸味を楽しめる会津地酒を紹介しました。

日本酒はその土地の空気や水、土や人が醸すものです。

ぜひ、会津にお越し頂き、当館で会津の日本酒をお楽しみください。

次回は前菜盛り合わせでおだししている人気の「クリームチーズ味噌漬け」と会津の郷土料理「鰊山椒付け」をテーマに、クリームチーズの濃厚な味わいと鰊の山椒付けの旨味とのバランスの良いお酒をお燗にてご紹介します。

くつろぎ宿 千代滝・新滝

くつろぎ宿は、会津東山温泉街に千代滝と新滝というおもむきの異なる2つの旅館を運営しています。
» くつろぎ宿 総合サイト

» 公式 LINE(予約や質問ができます)

» 公式 Instagram

くつろぎ宿千代滝

温泉郷を一望できる、高台に位置する千代滝

千代滝は、東山温泉郷を一望できる高台にあります。 館内には会津の地酒は常時30種類以上をご用意した、日本酒バー「地酒の館」もございますので、遅くまで地酒をお楽しみいただけます。 風呂は10階と2階の二か所にございます。 10階にある「遊月の湯」からは、会津城下町の夜景をはじめ、温泉街や温泉郷をご覧いただけます。天気の良い日には綺麗な星空が広がることも。
» 千代滝 ホームページ

くつろぎ宿新滝

温泉街中心部、川沿いに位置する新滝

新滝は、東山温泉街中心部、川沿いにあります。 館内には、歴代の会津藩公の湯治場だった岩風呂をはじめ、戊辰戦争のときに土方歳三が刀傷を癒した猿の湯に由縁あるお風呂など、4種類の源泉かけ流しのお風呂がございます。
» 新滝 ホームページ

-くつろぎ宿のこと, スタッフブログ

© 2022 くつろぎ宿ブログ~勝手に会津観光局~ Powered by STINGER