記事一覧

描き文字メッセンジャー“あきたま”さん参上!!

2016.09.27

昨日、毎年ご利用いただいているある団体さんのお客様から
素敵な色紙を頂戴いたしましたのご紹介させていただきます♪

描き文字メッセンジャー“あきたま”さんから
ありがたいお言葉をいただきました★★★

ファイル 779-1.jpg

感謝(*´v`*)感謝
(恥ずかしがり屋の○いちゃんに持ってもらいました(笑))

この色紙を見ていると
自然と笑顔になっちゃいます!!

あきたまさんは、全国各地で描き文字メッセンジャーとしてご活躍されているそうです(*゜д゜*)

名前の由来を詩にして、お名前をイラスト入りで色紙にしてくれる
『なまえ色紙』というものを通販でも販売しているようです☆彡

“なまえ色紙あきたま”で検索してみてください♪

大盛況!会津まつり ~日新館童子行列など~

2016.09.24

24日は天気にも恵まれ、市内の小学生による鼓笛隊パレードやディズニーパレードも無事催されました♪

ファイル 778-4.jpg
ファイル 778-5.jpg

会津若松市内は県内外からのたくさんの人で賑わっております!
そして明日25日は「会津藩公行列」が行われますよ~
会津若松は今日~明日終日まで雨は降らない予報とのこと。

24・25日ともに空室ございます!
ぜひ会津にお越しくださいませ☆

▼詳細こちら
http://www.aizukanko.com/kk/festival/aizu-matsuri


ファイル 778-1.jpg
ファイル 778-2.jpg
ファイル 778-3.jpg

歴女必見♪ 会津まつり 9/23(金)~9/25(日)

2016.09.16

秋を感じるこの頃・・
昨晩は会津は晴れて、中秋の名月を鑑賞することができました。
早くもコンバインをうならせ、稲刈りをしている田んぼも見かけました(^.^)

さてそんな頃、
9月の一大イベントが待ち受けています!!!


会津若松が一斉に賑わう、『会津まつり』がいよいよ来週始まります!

ファイル 777-1.jpg

会津まつりでは、メインストリート「神明通り」で開催される
提灯行列から始まり(23日夜)、
磐梯山盆踊り(23、24日夜)
市内の小学生による鼓笛隊パレード(24日昼)
日新館童士行列(24日昼)
+++なななんとディズニーも応援に!ディズニーパレードも30分のみ催されます!(24日11:30~12:00)
そして★★★最大イベント!会津藩公行列(25日昼)

などなどが繰り広げられますヽ(・∀・)ノ


期間中(9/23~25)、第20回ふるさとイベント大賞最優秀賞(総務大臣賞)を受賞した、
『會津十楽』も開催☆
『會津十楽』とは、蒲生氏郷が「楽市」を発展させた「十楽」を再現した屋台イベントのこと!
年々、回を重ねるごとに、雰囲気の再現手法が巧妙になっていますよ~

ファイル 777-2.jpg

会津の歴史に触れる一大イベント『会津まつり』

まだ未体験の方!
歴史が好きな方!
会津の文化に触れたい方!
会津が気になっているけど、まだ来會されたことがない方などなど

これをきっかけに
会津にお出でになってはいかがでしょうか(^O^)


会津まつりでも特に注目の『会津藩公行列』は
市民を中心に、ゲストをお呼びし
総勢500人が、仮装し市内を練り歩きます。

今年のメインゲストは!!

3年連続 綾瀬はるかさん がまた来會してくださることになりましたよ(*゚▽゚*)
大河ドラマ「八重の桜」のご縁により、綾瀬さんがこんなにも会津にお越しいただけるなんて…
ご多忙の中、本当に嬉しい限りです。


<会津藩公行列(25日)スケジュール>

 開催時間 :9:25~16:00
 場所:鶴ヶ城本丸・神明通り・中央通り他市内一円
 住所 :福島県会津若松市追手町1-1(鶴ヶ城)
 問合せ:0242-23-4141(会津まつり協会)
 料金:無料

無料駐車場もございますが、たいへん混雑致します。
開催時間前の入場がおススメです。

<無料駐車場>

 会津森林管理署
 会津若松年金事務所
 県合同庁舎
 県職員駐車場
 建設会館
 日本たばこ産業
 市役所第二庁舎


23日(金)、24日(土)、25日(日)
わずかですが、千代滝、新滝共にお部屋をご案内できます。
以下より、空室状況をご確認くださいませ!(ご予約はお早めに☆)


☆千代滝の空室状況☆
23日(金)
24日(土)
25日(日)

☆新滝の空室状況☆
23日(金)
24日(土)
25日(日)


また、開催中周遊バスでお出かけになる方は、期間中迂回道路がありますのでご注意ください!
▼迂回時間、路線図
https://www.aizubus.com/pdf/2013.9.20-23.pdf

水稲の生育状況vol.3

2016.09.11

本日の会津は全体的に曇り空。それでも日差しは暑い!
まだまだ残暑厳しい会津ではありますが、会津の美味しいお米は台風にも負けずにしっかりと育っています^^

ファイル 776-1.jpg
(ちょっと写真の撮り方が悪くて画像が荒いのですが…汗)
この写真は今日の田んぼの様子を撮った一枚なんですが、黄金色に輝くふっかふかの絨毯みたいじゃないですか?
会津盆地は今、こんなにきれいな色で彩られています。
これが車道の脇にずらーっと広がっているので、この時期になると無性にお米が食べたくなります笑

ファイル 776-2.jpg
近くに寄ってみるとこんな感じです。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
昔の人はうまい事言ったもんですね^^
ここからもう少しモミが膨らんでいって、中のお米がずっしりと育っていきます。

ファイル 776-3.jpg
ちなみに地面はこんな感じ。

田んぼの地面と水加減は、稲の育成状況によりそれぞれの農家さんが慎重にタイミングよく加減しているってご存知でしたか?

田植えの時期を迎えた田圃は、まず水も入っておらず、乾いた地面をトラクターなどで柔らかくほぐし耕してから、水を引いて、田植えが始まります。
稲が地面に根付き、ぐんぐんと根っこを延ばす頃には水量を加減します。
あまり水を引きすぎると水温が下がって育たたなかったり、水の流れによって栄養が偏ってしまったり、水が足りずに地面が割れてしまうと折角根付いた根っこが切れてしまうし…、でもタイミングによっては中干しといって一回田んぼの水を抜いて、地中のガスを抜いたり根っこをしっかりとさせなくてはいけないし…

もうね、本当に、複雑なんです!!
お米は生き物なので、手間をかけなければスネて育たないし、手間を掛ければその分美味しく育ってくれるのです^^
そして、その間も雑草やら虫やら病気やらイノシシ(!)と戦わなくてはいけません。

ですが、今ぐらいの時期になると、地面に水はなくひび割れている状況です。
ここまで来たら、あとはモミの中に蓄えていた養分をしっかり詰め込んでくれるのを待つのみです!
おいしいお米が収穫できるのはもう少し先ですね^^


ではでは、会津のお米を心待ちにしながら、もう一つ会津の美味しい旬情報をおとどけします♪
ファイル 776-4.jpg
黄金色の田んぼの横に白いお花畑が!
さて、一体何のお花でしょう??

寄ると、こんな可愛らしい花です♪
ファイル 776-5.jpg
お分かりいただけましたか??
そう、もう一つの会津の名産!「蕎麦」の花なんです^^
「夏蕎麦」「秋蕎麦」とそれぞれ旬がありますが、これからは10月~の秋蕎麦の時期なんです。

福島県内でも、数多くのそば祭りが開催されますので是非ご参加くださいませ^^
詳しくは、こちら↓↓
http://www.tif.ne.jp/jp/spot/soba.php


これから、たくさんの美味しいものの旬を迎える会津に、是非お越しくださいませ~☆

会津の秋の夜長の楽しみ方☆

2016.09.02

先日、レアなポケモンを探しに鶴ヶ城に行ってみると、、、

ファイル 775-1.jpg
きれ~


真っ白なお城をスクリーンに、プロジェクションマッピングが行われていました♪

会津若松では「福島県観光キャンペーン2016」にあわせ、鶴ヶ城の他にも市内各所にて酒造や歴史的建物がライトアップされる「まちなかライトアップ」が催されています。(11月30日まで)

☆ライトアップ点灯箇所☆
羽金邸、小野寺漆器店(大町2丁目)
菊地金粉製作所(大町1丁目)
竹藤民芸店、鈴善漆器店(中央1丁目)
小野屋夢蔵、鶴乃江酒蔵、バンダイスポーツ、渋川問屋(七日町)
末廣酒蔵嘉永蔵(日新町)
會津壹番館・野口英世青春記念館、古美術遠藤(中町)
小澤ろうそく店、会津若松市役所本庁舎(東栄町)
会津葵本店、会津葵シルクロード文明館、鶴ヶ城公園、西郷頼母邸跡(追手町)
※点灯期間は施設により異なります。

ライトアップにあわせて、まちなか周遊バスの夜間運行も行われていますので、日中とはまた違った、幻想的な城下町をお楽しみください。
※一部日程での運行となります。


さらには鶴ヶ城公園では10月21日より、紅葉のライトアップも行われます♪
ライトアップには植栽用の「彩光色」が用いられるとのことで、鮮やかで深みのある紅葉がお楽しみ頂けることと思います。

会津にもまもなく訪れる秋の夜長、ぜひお楽しみくださいませ。

新・湯巡り路プレオープン☆冒険の旅(後篇)

2016.08.28

昨日プレオープン致しました姉妹館を結ぶ新・湯巡り路!
詳しくは『新・湯巡り路プレオープン☆冒険の旅(前篇)』をご覧いただいて…

早速、新滝から千代滝への道のりを冒険してみましょう♪

ファイル 774-1.jpg
まずは、新滝フロントから出発いたします!
新滝橋を渡ってすぐ左手側に何やら石に刻まれた歌碑が…?
一体誰の歌碑なのか、是非湯巡りがてら見てみてください^^
「射的場」や東山名物松本屋の水ようかんでおなじみの「松本屋」さんの前を通りながら、温泉街を歩きます。

ファイル 774-2.jpg
やってまいりました!いざ登らん、残念坂!笑
慣れてしまえば大したことないんですが、結構急なのでゆっくり進まれてください^^
美味しい匂いの漂う「卯之家さん」の横手側の坂を千代滝→の看板に沿って今しばらく坂を進みます。

ファイル 774-3.jpg
木でできたどっしりした階段が見えてきたらもう千代滝到着です。新しい木の匂いを嗅ぎながら階段を進むと、黒い扉が。
ロックされていますので、ここでルームキーについている黒い鍵を使ってください。
入口にカギを翳す部分があるので図の通り翳せば扉のロックが解除されます。
湯巡りの際にはルームキーをお持ちになってください^^

ファイル 774-4.jpg
あとは、館の中に入り、千代滝のお風呂は10F最上階の展望露天風呂なのでエレベーターでそのまま10Fにお進みください。

お帰りの際、中から出る際には扉は開きますので鍵は出して頂かなくても大丈夫です。


もっとたくさんの方に湯巡りを手軽に楽しんでいただけたら幸いです^^

新・湯巡り路プレオープン☆冒険の旅(前篇)

2016.08.28

先日ブログでもお伝えしていました湯巡りの新しい路が昨日プレオープン致しました!!
今まで7~8分程度かかった道のりが、4分程度で湯巡り可能になりました!
もっと気軽にお楽しみいただけるようになった湯巡り路。
まずは新しくなった道のりを冒険してみましたのでお付き合いください^^
長くなりましたので、2部構成でお伝えします笑


まずは、千代滝から新滝へ行ってみましょう!
ファイル 773-1.jpg
まずは、エレベーターで2Fに降りて、すぐ左側。
『新滝 湯巡り路』の看板に誘われて廊下へと進みます。
するとすぐに黒い扉が…
♪一つ目のポイント♪
出る際は鍵が開いておりますが、オートロックで施錠されますので、湯巡りお出かけの際はルームキーについているアルソックの鍵もご一緒におもちください
スリッパでお越しの方は、雪駄をご用意しておりますので履き替えていってらっしゃいませ^^
お子様用のサンダルもご用意しておりますが、サイズに限りがございます。
なお、雨の時でも安心☆傘もご用意しておりますのでご自由にお使いください。
(傘も数に限りがございますのでもしなくなっていたらごめんなさい汗)
では、扉を開けてしゅっぱーつ!

ファイル 773-2.jpg
扉を出てすぐの階段を下りて、ここから下り坂を温泉街に向けて降りていきます。
途中の角には定食屋の卯之家さんもありまして、これがまたいつもいい匂いで寄り道したくなります^^

ファイル 773-3.jpg
そんな誘惑を断ち切って残念坂を下ればもうすぐに温泉街に到着です。
♪二つ目のポイント♪
なぜ「残念坂」などと呼ばれるのか、その所以が看板に掛かれていますので是非途中で足を止めて読んでみてください♪

ファイル 773-4.jpg
あとは、左側に曲がって道なりに進めば、新滝の看板が見えてまいります。
途中には東山温泉名物「松本屋の水ようかん」や「射的場」もありますので是非のぞいてみてください^^


新滝から千代滝へのみちのりは、後半へ続く!!!

『縄文土器展』 @西会津芸術村

2016.08.24

西会津町では「縄文土器」が度々発掘されるということから
西会津芸術村にて、西会津で発掘された「縄文土器」を中心に展示されています!

ファイル 772-1.jpg

ファイル 772-2.jpg

『6.25sat ~ 9.4 西会津・縄文土器展
& primitive soundscape 〜縄文の音の森〜 展』

9月4日迄開催しております!


~~ 以下、西会津芸術村FBより ~~

西会津町では縄文中期~後期頃を中心とした沢山の縄文土器が出土しています。この度、西会津町教育委員会との共催により、復元された土器36点を展示します。
西会津では、信濃川流域の火焔土器や福島県中通り地方の土器の特徴を併せ持った特徴の縄文土器が多く出土され、会津地方独特の装飾があるものも発掘されています。特に大型の土器の迫力は必見です!
また、同時開催として、森のはこ舟アートプロジェクト2016 西会津エリアプログラムの一部として、「primitive soudscape〜縄文の音の森〜」を展示します。
西会津では、「太鼓だったのではないか」とされる『有孔鍔付土器』が発掘されています。この土器を見ていると、縄文人はどのような音楽を奏でたのだろうか、また、「音楽」という「表現」の元になった「音」そのものを、縄文人はどのように捉えていたのだろうか、という想像が膨らみます。
今回のアートプロジェクトでは、この土器の展示と併せて、西会津の自然の音をフィールドレコーディングし、縄文人が感じたであろう音を表現する展示を開催します。

~~ ここまで ~~

会津独特の文様があったんですね!
気になる(°д°)気になる(°д°)

縄文時代は、最近あちこちで聞こえてくるキーワード!
縄文時代の素晴らしい生活などがクローズアップされ
現代人に必要なモノ・コトがたくさんあるのだとか。

縄文土器から、インスピレーションを受けて西会津の縄文時代の暮らしを想像してみるのもいいですね♪

あなたの街の縄文土器と比べてみてください(#^.^#)
(という自分もまだ見ていないのですが・・)

ファイル 772-3.jpg
▲西会津芸術村(展示のやっていない冬に行ってきました)


それと!西会津町に行くなら、“道の駅”もおススメですよ!

ファイル 772-4.jpg
▲旧館の外観(冬に撮影・大きいでしょう~!)

8月2日に新館がOPENし、ただでさえ広い道の駅だったのに、「ミネラル野菜の家」として、新鮮ミネラル野菜や、ミネラル野菜を使用したグルメコーナーが誕生☆

姉妹都市の沖縄コーナーもあるのでそちらも是非(^^♪

西会津はIターン移住者や、外国人移住者も多い町。
新潟県と県境というのもいいのでしょう!

ぜひ会津の奥も楽しんでください♡

水稲の生育状況vol.2★

2016.08.22

まずは、このたびの台風により、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。


会津にも台風9号が接近しております。
現在の会津は静かに雨が降っています。
まだそんなに風は強くないようですが、これからの天気が心配です。汗
皆様お気をつけていらっしゃってくださいませ。

そんな中、本日は嵐にも夏の暑さにも負けずにぐんぐん成長している会津の稲の状況をお伝えします。

ファイル 771-1.jpg

写真は先日撮ったものなので青空です。
前回の報告よりぐんぐん伸びて60cmほどになったでしょうか。

ファイル 771-2.jpg

風にそよぐ稲穂!水田の景色は美しいですね~(^^)

台風による強風が心配されますね…
(強風などにより稲が倒れて穂が水に浸かってしまうとダメになってしまう、繊細な植物なのです!)


台風の被害に遭われた地域や皆様の、一早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

東山盆踊り始まりました 16日まで!

2016.08.14

いよいよ東山盆踊りが昨日から始まりました!!

情緒漂う東山温泉盆踊り♪

ファイル 770-1.jpg

昨日は、『福島民報社と女将の夕べ』でした!
芸子さんも一緒に、
川の上に建てられた櫓を、全国各地から東山温泉にいらしているお客様方々と “会津磐梯山”を踊りました(*゚▽゚*)

何度見ても、この東山盆踊りは
ノスタルジックな雰囲気を醸し出し
心にジーンときます。

太鼓と笛の音は
会津人に染み付いた音色。

会津磐梯山の歌詞は、
会津人にとって、自分の歌のよう。


\(^^)/“会津磐梯山”歌詞 おさらい\(^^)/

***************************************************************
エンヤー
会津磐梯山は 宝の山よ(ハァーヨイトヨイト)
  笹に黄金が エーマタなり下がる(チョイサーチョイサ) または(スッチョイ スッチョイ スッチョイナ) ※以下、唄ばやし省略

東山から 日日(ひにち)の便り 行かざなるまい エーマタ顔見せに
 【小原庄助さん 何で身上潰した 朝寝朝酒朝湯が大好きで それで身上潰した ハァモットモダーモットモダ】

会津盆地の 緑の夏よ 風もほがらに 鶴ケ城

音に聞こえし 飯盛山で 花と散りにし 白虎隊

会津磐梯山に 振袖着せて 奈良の大仏 婿にとる

北は磐梯 南は湖水 中に浮き立つ 翁島

忠義一途の あの稚児桜 散りてその名も 白虎隊

何故に磐梯 あのように若い 湖水鏡に 化粧する

恋の滝川 舟石越えて 親は諸白 子は清水

つぼみ散らして その名を残す 花も会津の 白虎隊

ー田舎坂でも 上れば下る 会津七坂 七曲り

誰か来たよだ 垣根の外に 鳴いた鈴虫 音を止めた

縁がありゃこそ 見知らぬ人に 一目会津で 忘られぬ

主は笛吹く 私は踊る 櫓踊りの 上と下

主が歌えば 踊りがしまる 櫓太鼓の 音もしまる

***************************************************************

この“会津磐梯山”は、もともと会津に伝っわった民謡「玄如節」から、新潟県出身の内芸者で歌手となった「小唄勝太郎」さんが
昭和9(1934)年、ビクターレコードに吹き込んだことにより、有名になりました。

現在歌われている盆歌は、小唄勝太郎さんがアレンジした“会津磐梯山”です。
小唄勝太郎さんの目に映った、お酒が好きな会津人の姿が唄われています。


ファイル 770-2.jpg

今年も会津十楽の出店もあり、
賑やかに盛り上がっておりましたよ(^O^)

東山盆踊りは16日まで☆
19時より盆踊りのご案内が始まり、
盆踊りは19時45から20時の間頃から始まり~1時間程ですので
盆踊りが目当ての方はこちらの時間を狙ってご参加ください!!

詳細はこちら☆
ファイル 770-3.jpg

ページ移動