記事一覧

1/14(土)歳の神 無病息災を願う、東山温泉 火祭り

2017.01.03

ファイル 801-4.png

謹賀新年
旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。
なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.☆

ファイル 801-3.jpg

今年はレニーニョ現象の影響で、大雪が降ると予想されていましたが
雪がほとんどないお正月となり、
例年に比べあたたかな日を過ごしております。

さて、さっそくですが!
会津の伝統行事のご紹介です♪♪♪

今年の歳の神は幸運にも土曜日の開催となりましたヾ(*´∀`*)ノ

たくさんの方に、会津の伝統行事、「歳の神(さいのかみ)」を
楽しんでもらいたいので
ぜひこのチャンスをキャッチしていただきたいです。

「歳の神」とは、
昨年神棚などにお飾りしたしめ縄やだるま、御守り等をお焚き上げし、無病息災や五穀豊穣を願う行事です。

お焚き上げした火に当たると、その1年病気をしないと言い伝えられております。
また、お焚き上げした炎で、お餅やスルメを焼いて、
家族で分け合います。


開催場所は、千代滝・新滝共に歩いて10分程、手前にある
☆ 東山温泉共同駐車場 ☆
歳の神は、各地区の公園等で行われますが、
東山温泉の歳の神は、会津若松市内で最大規模(*゚◇゚*)
出店や、甘酒の振る舞いなどもあり
見応え十分ですよo(*゚▽゚*)o

2mほどの棒の先に網をつけた工作物を使って、
お餅やスルメを焼きます。

ファイル 801-1.jpg


13:00より、19:00迄、お飾り等の持ち込みを受け付けており、誰でも参加可能です。
もし、おうちに、まだ昨年のお飾りや御守りがある方は参加ください☆彡


また、当日、点灯式が始まる頃は
会場までの道中が大変込み合います。共同駐車場やそこから徒歩5分の会津武家屋敷の駐車場もすぐにいっぱいになってしまいます。
予め心の準備をお願い致します。

ファイル 801-2.jpg

また、火の近くは大変熱いので
みなさんお尻を向けて背中を温めるスタイル♪

もし、お餅等を焼く際は、なるべく長い方が焼きやすいですよ。
また、長すぎて、バランスを崩してお餅を落としてしまうこともありますので、工作物の完成度が試されます(笑)


【当日の流れ】
13:00~ 松飾りなど持込開始
18:00~ 歳の神の神事(井桁歳の神)
     玉串奉奠
18:20~ 点火式
     あいさつ(市長・東山観光協会長)
18:30  点火
19:00  お年玉大抽選会(~19:30)
20:30  歳の神終了(消化作業、後片付け)


それでは、今年1年も健康に笑顔で過ごせますように・・・♡

【12/4】くつろぎ宿のお米をつくっている田んぼで冬の農業体験をしよう!

2016.11.24

ファイル 793-1.jpg

今年も美味しい新米
会津コシヒカリ米の白米・3分づきをつくってくださった
すとう農産から、
<冬の農業体験会>のお知らせが届きました(^O^)

ファイル 793-4.jpg

すとう農産では、アイガモ栽培と言って、
農薬を使わず、アイガモを田んぼで育てることにより、
害虫を防いでくれたり
雑草を食べてくれたり
田んぼの水をかき回して循環させてくれたりして
美味しいお米づくりのお手伝いをしてくれるんです!!

そんなアイガモさん。
稲刈りが終わると、別の小屋に移動となります。

この農業体験会では、
そんなアイガモくんたちの捕獲をしてもらい!!

なんと!

広々とした田んぼでのびのびと育ったアイガモくんが
美味しいお肉となって、フレンチ料理として大変身!!!
【道の駅あいづ湯川・坂下】にて農家ソムリエの小林茂行さんのワインと共にお召し上がりいただきます!!!


なんと残酷な!?

とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし…

いつもスーパーで食べている安いお肉となる動物たちは
“食べられる為だけに”狭い狭い場所で
羽を広げたり
駆け回ったりすることもできず
美味しく調理されて、わたしたちのお腹の中に入り、私たちが活動する為のエネルギーとなってくれているのです。


この農業体験は、命のサイクルも身近に感じていただける
とても意味の深い農業体験会なんです。

そういった意味では、牧場でお肉を食べること等と同じことですけどね。


実は、今年の初夏の頃に、私もすとう農産の田んぼにお邪魔して参りました。

ファイル 793-2.jpg

人が田んぼに寄っていくと、どこからともなくアイガモくん達が集まってきて、
餌の時間が来たと喜んで近寄ってきます。

ファイル 793-3.jpg

これは、愛されてのびのびと暮らしている証拠です。


ブランド牛もブランド豚も
たっぷりの愛情を注がれて、美味しいお肉になりますよね。
それと同じことです。

ただ、このアイガモくんは
自分たちが食べ物いっぱいののびのびした場所で暮らすことで
無農薬のお米ができる、言わば、副産物!?
どちらが副産物!?(笑)
ができるという画期的な、稲作方法です。

無農薬栽培は、わたしたちの暮らす地球の生態系を守る
大切な農法です!

会津では、稲作の他にもどんどん無農薬栽培・有機栽培の農家さんが増え続けています!!!

実際に体験されると、その大切さがよく解ると思いますよ\(◎o◎)/


実は!
くつろぎ宿の郷土料理会席にもアイガモのお肉が登場しています。この時期提供している、蒸し物の「蕎麦の実のあんかけがけ」にも使われております。
ぜひ躊躇せず、美味しくお召し上がりください。


食について考えると
食べることへの感謝の気持ちもより深まります。


ただお腹を満たすために食べるのではななく
「イノチをいただく」
感謝の気持ちで
「いただきます」
を言うことで
きっと普段食べているもの全てがこれまでより一層美味しく感じられるかもしれません。


食べることは幸せです。
食べられることは本当に幸せなことです。

本当の「いただきます」を感じに体験にいらっしゃいませんか??


☆詳しくはすとう農産HPにて☆


【アイガモオーナー倶楽部】冬の農業体験
■12月4日(日)13:00~
■場所:すとう農産(北会津町和泉470)※当館より車で約30分(会津若松駅より送迎有り)
■定員限定10名
■参加費 大人 2,500円/中学生~大学生 1,750円/小学生 1,250円
■TEL:0242-59-1021
■HP:http://sutou-nousan.com/

☆お申し込みは電話、又は、上記URLアドレスよりどうぞ☆

塩川バルーンフェスティバルに行ってきました☆

2016.10.10

ファイル 784-5.jpg

先日ブログでお伝えした
☆「塩川バルーンフェスティバル」☆

行ってきました♪☆♪☆♪

もう終始大興奮です(*゚▽゚*)


会社のブロガー女子3人組で、LINEグループ『塩川バルーンにガチ乗り隊♪」というグループの中で、
情報を共有、計画しました!!!

“ガチ乗り”というのは、モチロン!バルーン♪♪♪

先着100名がバルーンに試乗できるということで、
絶対乗るぞ!!という意気込みで
事務局にリサーチするなどして、
6時から受付のところ、会場着4:30を目指して計画しました!

まるで子供(笑)


もちろん、この時期の朝晩はとても冷え込み
外はまだ星空の下・・・

昨夜の上弦の月明かりを元に、真冬のフル装備にて試乗待ち合いスペースに向かいました。
予定時間通り到着!
到着は46番目でしたが、5時にはほぼ100名が到着されていました。
早いっ\(◎o◎)/


受付までの待ち時間の間、
まっ暗闇の中、朝日が少しずつ空を明るくして日差しが差した時の感動って何とも言えなかったです・・!

ファイル 784-1.jpg

何より!晴れて良かったヽ(;▽;)ノ

6時頃から次々と会場が設営され、
全国から集まったバルーンもあちらこちらで広がっていきました!!

ファイル 784-2.jpg

ファイル 784-3.jpg

もう!興奮して私たち3人はカメラを持って
あっちこっち飛び回りまくり!
もはや自由に動きすぎてみんなどこにいるのか分からない状態w


さて!待ちに待った
試乗の順番が来ました!!

試乗開始時間は7:45頃でしたので、3時間15分も待ったことになりますが、興奮していたせいか、あっという間に順番に♪

屋台も出ていたし、なめこ汁の振る舞いなどもあり、楽しめました☆

試乗時間は約5分間
25mの高さ迄上がります。

熱を加えながら地上をふわっと離れ
そのままふわふわと登っていきますヽ(・∀・)ノ
地上はほぼ風がなかったので、いつの間にか地上を離れていたという感覚でした。

乗っているカゴの高さは意外と低く、高くなるにつれ
足が少しすくみました。。

操縦士の方によると、競技などでは3000mも登ることもあるそう!!!

25mで足が少しすくむのに
3000m上空からの景色ってどんな感じなんだろう・・と考えると

バルーンって「ロマン」だな(^-^)
と操縦士さんに尊敬と憧れの気持ちがもくもく湧いてきました!

操縦士さんは、バーナーで火を入れつつ、
バルーンの上部の空気口を調節し、
風を読み、高さを調節してながら気流を探すのだそうです。


これを機に、一気にバルーンの虜になってしまいました!!!
チャンスがあれば、3000mとは言いませんが、25mよりも高いところを風に乗って飛んでみたい☆☆☆


また一つ夢が増えました(笑)

見学にいらっしゃったみなさんも
こんなに沢山いらっしゃいましたよ~!!!

ファイル 784-4.jpg


秋の会津の風物詩

いや~

本当に見れて良かったですね♡


来秋、この感動と興奮をぜひ味わいにいらしてください!!!
10月の連休、お待ちしております(^O^)☆彡


秋まで待てなーい!という方は
全国各地のバルーン大会が紹介されている「日本気球連盟」で検索しててみてくださいo(^▽^)o

10/9(日)、10(祝・月) 気球が空を彩る!塩川バルーンフェスティバル

2016.09.29

来週末!三連休に素敵なイベントがあります♪

10月9日(日)、10日(祝・月) 朝6:30~!!!

ファイル 780-2.jpg

稲刈りが終わる秋のイベント☆

霧が舞う明け方に

全国から集まったカラフルなバルーンが会津盆地の真ん中
「塩川町」(会津若松市中心と喜多方市中心の間ら辺)の空を
カラフルに彩ります♪


なーんと!
先着100名さまが飛行体験できちゃいます☆(有料)

受付は6時からとなっています。
確実に体験したい方はお早めに会場へお出かけください!!

ファイル 780-1.jpg

※未就学児は、無料、小学生まで500円、中学生以上1000円の協力金をお願いいたします。
※気象条件等により実施できない場合もございます。

詳細は以下をご覧下さいヽ(*´∀`)ノ

ファイル 780-3.jpg

『縄文土器展』 @西会津芸術村

2016.08.24

西会津町では「縄文土器」が度々発掘されるということから
西会津芸術村にて、西会津で発掘された「縄文土器」を中心に展示されています!

ファイル 772-1.jpg

ファイル 772-2.jpg

『6.25sat ~ 9.4 西会津・縄文土器展
& primitive soundscape 〜縄文の音の森〜 展』

9月4日迄開催しております!


~~ 以下、西会津芸術村FBより ~~

西会津町では縄文中期~後期頃を中心とした沢山の縄文土器が出土しています。この度、西会津町教育委員会との共催により、復元された土器36点を展示します。
西会津では、信濃川流域の火焔土器や福島県中通り地方の土器の特徴を併せ持った特徴の縄文土器が多く出土され、会津地方独特の装飾があるものも発掘されています。特に大型の土器の迫力は必見です!
また、同時開催として、森のはこ舟アートプロジェクト2016 西会津エリアプログラムの一部として、「primitive soudscape〜縄文の音の森〜」を展示します。
西会津では、「太鼓だったのではないか」とされる『有孔鍔付土器』が発掘されています。この土器を見ていると、縄文人はどのような音楽を奏でたのだろうか、また、「音楽」という「表現」の元になった「音」そのものを、縄文人はどのように捉えていたのだろうか、という想像が膨らみます。
今回のアートプロジェクトでは、この土器の展示と併せて、西会津の自然の音をフィールドレコーディングし、縄文人が感じたであろう音を表現する展示を開催します。

~~ ここまで ~~

会津独特の文様があったんですね!
気になる(°д°)気になる(°д°)

縄文時代は、最近あちこちで聞こえてくるキーワード!
縄文時代の素晴らしい生活などがクローズアップされ
現代人に必要なモノ・コトがたくさんあるのだとか。

縄文土器から、インスピレーションを受けて西会津の縄文時代の暮らしを想像してみるのもいいですね♪

あなたの街の縄文土器と比べてみてください(#^.^#)
(という自分もまだ見ていないのですが・・)

ファイル 772-3.jpg
▲西会津芸術村(展示のやっていない冬に行ってきました)


それと!西会津町に行くなら、“道の駅”もおススメですよ!

ファイル 772-4.jpg
▲旧館の外観(冬に撮影・大きいでしょう~!)

8月2日に新館がOPENし、ただでさえ広い道の駅だったのに、「ミネラル野菜の家」として、新鮮ミネラル野菜や、ミネラル野菜を使用したグルメコーナーが誕生☆

姉妹都市の沖縄コーナーもあるのでそちらも是非(^^♪

西会津はIターン移住者や、外国人移住者も多い町。
新潟県と県境というのもいいのでしょう!

ぜひ会津の奥も楽しんでください♡

東山盆踊り始まりました 16日まで!

2016.08.14

いよいよ東山盆踊りが昨日から始まりました!!

情緒漂う東山温泉盆踊り♪

ファイル 770-1.jpg

昨日は、『福島民報社と女将の夕べ』でした!
芸子さんも一緒に、
川の上に建てられた櫓を、全国各地から東山温泉にいらしているお客様方々と “会津磐梯山”を踊りました(*゚▽゚*)

何度見ても、この東山盆踊りは
ノスタルジックな雰囲気を醸し出し
心にジーンときます。

太鼓と笛の音は
会津人に染み付いた音色。

会津磐梯山の歌詞は、
会津人にとって、自分の歌のよう。


\(^^)/“会津磐梯山”歌詞 おさらい\(^^)/

***************************************************************
エンヤー
会津磐梯山は 宝の山よ(ハァーヨイトヨイト)
  笹に黄金が エーマタなり下がる(チョイサーチョイサ) または(スッチョイ スッチョイ スッチョイナ) ※以下、唄ばやし省略

東山から 日日(ひにち)の便り 行かざなるまい エーマタ顔見せに
 【小原庄助さん 何で身上潰した 朝寝朝酒朝湯が大好きで それで身上潰した ハァモットモダーモットモダ】

会津盆地の 緑の夏よ 風もほがらに 鶴ケ城

音に聞こえし 飯盛山で 花と散りにし 白虎隊

会津磐梯山に 振袖着せて 奈良の大仏 婿にとる

北は磐梯 南は湖水 中に浮き立つ 翁島

忠義一途の あの稚児桜 散りてその名も 白虎隊

何故に磐梯 あのように若い 湖水鏡に 化粧する

恋の滝川 舟石越えて 親は諸白 子は清水

つぼみ散らして その名を残す 花も会津の 白虎隊

ー田舎坂でも 上れば下る 会津七坂 七曲り

誰か来たよだ 垣根の外に 鳴いた鈴虫 音を止めた

縁がありゃこそ 見知らぬ人に 一目会津で 忘られぬ

主は笛吹く 私は踊る 櫓踊りの 上と下

主が歌えば 踊りがしまる 櫓太鼓の 音もしまる

***************************************************************

この“会津磐梯山”は、もともと会津に伝っわった民謡「玄如節」から、新潟県出身の内芸者で歌手となった「小唄勝太郎」さんが
昭和9(1934)年、ビクターレコードに吹き込んだことにより、有名になりました。

現在歌われている盆歌は、小唄勝太郎さんがアレンジした“会津磐梯山”です。
小唄勝太郎さんの目に映った、お酒が好きな会津人の姿が唄われています。


ファイル 770-2.jpg

今年も会津十楽の出店もあり、
賑やかに盛り上がっておりましたよ(^O^)

東山盆踊りは16日まで☆
19時より盆踊りのご案内が始まり、
盆踊りは19時45から20時の間頃から始まり~1時間程ですので
盆踊りが目当ての方はこちらの時間を狙ってご参加ください!!

詳細はこちら☆
ファイル 770-3.jpg

<明日>あいづの小正月、1月14日(木)は東山歳の神(さいのかみ)です。

2016.01.13

今年は本当に暖冬で、雪のない歳の神となりそうです。


師走もあっという間に通り過ぎ、
正月が終わったかと思ったそんな1月中頃。

会津地域では、小正月に各地区で『歳の神』が行われます。


北陸、東海、京都で「左義長」、関西で「とんど焼き」、
東北では「さいのかみ」、
長野・山梨では「道祖神祭」、九州では「鬼火焚き」、「ほんけんぎょう」などと呼ばれています。

全国では20種以上の呼び名があるようです。


ファイル 719-1.jpg

こんな風に竹竿の先に網をつけて、
みなさんオリジナルで工夫されていて、竿を見るのも楽しいです。
そして、炎が大きいため、大変熱いです。

『歳の神』とは・・・
-------------------------------------------------------------
昨年お世話になった「破魔矢」や「しめ飾り」など神棚にお飾りした物を
藁などを積み上げてやぐらのようなものを建てて、火をつけ、
お焚き上げして歳神様を天にお送りし、無病息災や五穀豊穣を祈願する慣わしです。
お焚き上げした炎で、正月についたお餅やするめなどを焼いて食べると、今年1年病気にならない。と言われております。
-------------------------------------------------------------
ファイル 719-2.jpg

東山で行われる「歳の神」は、会津若松で最も大規模で
市内から大勢の方が集まります。

出店なども出るんですよ♪

ファイル 719-3.jpg

5mほど高く炎が舞い上がり、見応えもたっぷり。
会津の伝統行事を一緒に楽しみませんか?
その際は、ぜひお餅をおもち(笑)くださいませ。

会場は歩いて15分ほどの場所にございます。
お車で行かれる場合は、大変混み合いますので、開催時間前に行かれるのがオススメです。※開催時間18:00~

または、会場から5分ほど歩いた「会津武家屋敷」の駐車場になります。

【奇祭】柳津町圓蔵寺「七日堂裸詣り」行ってきました

2016.01.08

小さい頃から、年末年始は決まって
紅白歌合戦を見終わり、除夜の鐘が鳴ると
柳津町の福満虚空蔵菩薩圓蔵寺(通称こくぞうそん)に初詣に行っておりました。

知ってはいたものの
身近にありすぎて行ったことがなかった【奇祭】「七日堂裸詣り」

お休みがちょうどとれたので
行ってみようかと、車を走らせました。

母に、「渋滞で駐車場なんかないわよ」
と忠告されたので、
齋藤清美術館に寄り、早めにお寺に到着。

「七日堂詣り」は20:30からでしたが、
忠告を守り、到着時刻 18:00

アレ?嵐の前の静けさ・・・かな

駐車場はガラ空き状態。

どうやら、鐘が鳴るまでは割と何も起こらないようです。
商工会で、中学生の女の子達が、おしること甘酒とこづゆを配っていましたが、人はまだ集まってきていないようでした。

それもそのはず・・
今季一番の寒さではないかという厳しい寒さ。
雪もちらついてきて
裸詣りには絶好の(!?)気候です!!!

柳津町を散策し
まだ新しそうな外観のレストランで暖を取ることに。

キッチン 柳 さんで温かいCoffeeを♪

ファイル 718-1.jpg

色々調べてみましたが、オムライスが美味しいお店みたいですね♪
まだオープンして間もないようです。

さて、20:00を過ぎる頃
お店を出てみると、

いるいる!観光のお客様!集まってます!
キッチン柳さんの向かいの食堂(柳津名物ソースカツ丼が食べられるお店)の中には
下帯一つの男たちが、気合を入れておりました。


さて!鐘が鳴りましたよ!!

いっせいにどこからともなく、裸の男たちが
裸足で雪降る道を
「わっしょい!」「わっしょい!」
と掛け声をあげながら走って境内を目指します!

ファイル 718-2.jpg

ヤバイです
テンション上がります!!
なにより、カッコイイ!!!

一斉に、大鰐口目掛けて綱に飛びかかります!

ファイル 718-3.jpg

「わっしょい!」「わっしょい!」

がずっと続きます!

ずっと見てて思ったんですが、綱は上に登れば登るほど太くなっていて、
掴みにくいようで、大鰐口(ドラのようなもの)までたどり着かずに
挫折する人も多いのですね。

ファイル 718-4.jpg

この辺りから上へ登るのが大変になってきます。

もちろん、下の方で挫折してしまう人も多く
当たり前ですが、簡単に登れないようです。


それがまだドラマで、感動するんですよ!!!!

一人一人、登り終わるまで見守るんです。
小さい子や、どうみても体が大きく、登るのが大変そうな人
気迫があり、簡単に登れそうだけど、太い綱の所で数分間しがみつき、
その下で待っている人

色々な人が居て、一人一人を応援しながら

「わっしょい!」「わっしょい!」

の声がだんだんと増えてきて…

途中感動して涙が溢れてきてしまうほどでした。

ファイル 718-5.jpg

登りきった男たちの顔はいい顔してます。

さて、ここまでリポートしましたが、
では、この「七日堂裸詣り」の由来は??

気になりますよね。

柳津観光協会観光案内所HPより抜粋
--------------------------------------------------------------
その昔、村に疫病、不作が続き村人は大いに苦しんでいました。そこで只見川の川底に住む龍神から、宝照の球を手に入れて疫病などを退散させることができたのです。 しかし、その宝照の玉を1月7日の夜に竜神が取り返しにやってきます。そこで一計を案じた信者たちが菊光堂に集まり、大声でもみ合い、大いに騒いだのです。その迫力にさすがの竜神も驚き、 姿を隠したという伝説に由来しています。
--------------------------------------------------------------

今の時代では、

手水鉢で身を清め、堂内の大鰐口によじ登り威勢よく争うことによって 一年間の無病息災、祈願成就、福を招くといわれています。
その後、堂外にて撒かれる招福除災の牛王宝印の差し込まれた矢を拾うことで幸福が授かるといわれています。

このお祭りは、毎年1月7日に開催されています。
来年、2017年は、1月7日は土曜日☆彡ですので
ぜひ、このチャンスをご活用くださいませ!!!

ちなみに、毎年、会津若松駅から無料シャトルバスが18:00、
帰りは、お寺の近くから22:00に会津若松駅行きが発車するようですのでご利用くださいませ!

11月イベント~第9回会津若松の地酒大試飲会が開催されます

2015.11.16

地酒大試飲会が開催されます。
ファイル 702-1.jpg
年に1回の地酒大試飲会が1週間後に迫ってまいりました。
会津若松酒造協同組合の11蔵元の酒造が参加される一大イベントです。

今年も会津清酒の日11月25日(水)に開催されます。


普段あまりお目にかかれない「鑑評会出品酒」「大吟醸酒」「純米吟醸酒」など
蔵元自慢のお酒が大集合します。
(非売品のお酒もあるかもです)

入場は前売りチケット制(1500円)になっております
各お問い合わせ先にご確認をお願いいたします。
※当日券はございませんのでご注意ください

お問い合わせ/チケット申込
 会津若松酒造協同組合  0242-26-1515
 会津若松小売酒販組合  0242-22-6682
 県南酒販会津支部    0242-25-1611


試飲会のあとは当館でごゆっくりくつろぎくださいませ
お部屋の空きもございます。

開催日:平成27年11月25日(水)
開催時間:18:00~20:00
会場名:ルネッサンス中の島
住所:福島県会津若松市上町2-38

http://www.aizukanko.com/event/619/

寒露のイベント情報(10月上旬イベント情報)

2015.09.27

ファイル 689-1.jpg

会津地方は稲刈り最盛期に入っています。
もう少しで新米のシーズンに突入です。

10月3日より2つのイベントが一緒に楽しめます。
空室もございますので是非会津へお越しください。


【あいづ食の陣・秋(会津米・酒)】
実りの秋で皆様をおもてなし!!
是非、会津人が胸をはって美味しいといえる食材を、旬の時期に味わってください。

日時 10/1~12/31
場所 公式ホームページに参加店一覧がございます。
詳細URL
http://aizu-shokuno-jin.jp/


【あいづまちなかアートプロジェクト2015】
お腹を満たした後は芸術の秋で会津を探索!?
会津若松市内でまちなかアートが彩ります。

日時 10/3~11/1
場所 七日町通り・野口英世青春通りを中心に市内各所
詳細URL
http://aizu-artpj.com/

ページ移動