記事一覧

一足早い裏磐梯の雪景色

2017.11.17

雪国会津でも、どこよりも早く“冬”が来る裏磐梯。

先日リポートした喜多方「長床」の大イチョウがやっと黄色に染まったところと言うのに、

裏磐梯が雪景色になったとの噂を聞きつけ

カメラ片手にひとっぱしり裏磐梯へドライブに出かけました。

今朝のことです。

今年はいつもより早いようです。

会津若松から裏磐梯は約60分のドライブです。

ちょっと遠いかもしれませんが

60分で異世界を感じられるのであれば近い距離だと思います。

60分もなかなかですが、

会津若松から裏磐梯を目指すなら、もう少し時間がかかりますが、

喜多方から回って入る75分コースがオススメです♪


煌きの秋から、錦の秋へ…

山々は深い赤に染まり

針葉樹の深い緑と、稲刈りが終わった田んぼのコントラストが

季節の変わり目を感じさせます。


まずは曽原湖へ…

ファイル 880-1.jpg

道路にはまだ積もっていないものの

やさしく雪化粧をする裏磐梯


ファイル 880-2.jpg

小川にかかる丸太に鳥の足跡がありました。

ファイル 880-3.jpg

まだ落ちたばかりの雪の結晶

気温は5℃

さすがにまだ暖かいですね。

あっという間に溶けてしまいます。

ファイル 880-4.jpg

紅葉の名所、10月の下旬には赤や黄に包まれ

晴れた日には、エメラルドグリーンに反射する五色沼のひとつ、毘沙門沼は

紅葉時期は本当に多くの人で賑わいますが

今はこのとおり。

森の冬支度が着々と進んでいます。


ただただ静かで、

ほんの2週間で、こんなにも大きく変わってしまう自然の移り変わり…


この景色を前に

いよいよ会津の冬が来るのだという気持ちがこみ上げてきました。


出勤前のちょっとのドライブ。

実はカメラにSDカードが入っていないことに気付き

道の駅でどこかで買えないかと尋ねると

「セブンイレブンにあるかもしれませんね。意外と何でも揃いますから。」

と、直売所の若いお兄さん。

裏磐梯は電気屋さんもスーパーもアウトドアショップもありません!

本当に小さな村で、

小さな小さな営みしかありません。

だからこそ、この異世界があるのだと思います。


実は、セブンイレブンに、SDカードありました!

10GBから32GBまで、大手メーカーの親切なお値段のものがあり

とっても嬉しかった~!!!

お陰さまで、

冬支度をする裏磐梯を撮影することができました。


出勤時間が迫ってきたので帰りは表磐梯の方から60分コースで帰宅。


ファイル 880-5.jpg


表磐梯猪苗代町へ入ると

まだ雪のない秋の風景に戻ってきました。

それでも磐梯山の上部は白いケープを被っており、

スキー場もくっきりと白く浮かび上がっていました。


今年はオープン予定日にスキー場がOPENできる年かもしれませんね!


そして次の日曜日は

会津は「一時雪」予報出ています。

まだ11月なので大雪にはならないと思いますが

車で来られる方は、可能な限り足回りの強化と安全運転でお越しくださいませ。

また防寒着の用意もしっかりと!

昼はあたたかでも

夜はぐっと冷え込みます。

特に厚手の靴下はおすすめです。

東山温泉のお湯は、芯からぽかぽか温まります。

しかもなめらかなので、ゆったりとでき、身も心もほどけるような湯浴みをお楽しみいただけますよ。

温泉で温まったら、地酒をクイッと。

熱燗が美味しい季節になりました。

熱燗に合うお酒も多数あります。

迷われたらスタッフにおすすめを訪ねてみてください♪


今年は雪国の冬の良さをお伝えしていきたいな~と思っています(#^.^#)