記事一覧

全国新酒鑑評会 ~福島県5年連続日本一なるか!?~

2017.05.19

お待たせしました!!!

平成28酒造年度全国新酒鑑評会結果が出ましたね!!!!
なんと!今年で105回目の開催となるそうです。

昨年度、4年連続で「金賞受賞酒数 日本一」となった福島県。
ここ数日、5年連続で捕れるのか!?

ドキドキワクワクの結果待ちでした・・・!


さて!結果はというと…!?


福島県の蔵元から45銘柄が出品されました。
(全国では860銘柄)

45銘柄中、入賞数は <30銘柄>!!!
6割超の確率で入賞し、更に30銘柄中、 <22銘柄>が金賞受賞となりました\(^o^)/


それで、それで・・・・

(じらしてゴメンなさい)

金賞受賞数日本一 5年連続なるか・・・・・・・・!?

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

  ☆.+* おめでとう!!!福島県!!!5年連続日本一 +。.☆

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


↓↓↓↓金賞受賞内容はこちら↓↓↓↓

★が会津地方の蔵元です。

銘柄製造場(市町村)
-------------------------------------------------
金水晶  金水晶酒造店(福島市)
廣戸川  松崎酒造店(天栄村)
雪小町  渡辺酒造本店(郡山市)
あぶくま 玄葉本店(田村市)
三春駒  佐藤酒造(三春町)
東豊国  豊国酒造(古殿町)
人気一  人気酒造(二本松市)
奥の松  東日本酒造協業組合(二本松市)
会津中将 鶴乃江酒造(★会津若松市)
名倉山  名倉山酒造(★会津若松市)
夢心   夢心酒造(★喜多方市)
弥右衛門 大和川酒造店(★喜多方市)
会津吉の川 吉の川酒造店(★喜多方市)
大吟醸きたのはな 喜多の華酒造場(★喜多方市)
会津ほまれ ほまれ酒造(★喜多方市)
國権   国権酒造(★南会津町)
稲川   稲川酒造店(★猪苗代町)
榮四郎  榮川酒造 磐梯工場(★磐梯町)
玄宰   末廣酒造 博士蔵(★会津美里町)
萬代芳  白井酒造店(★会津美里町)
一生青春 曙酒造(★会津坂下町)
又兵衛  四家酒造店(いわき市)

ファイル 839-2.jpeg

ファイル 839-1.jpeg
(※画像出典:福島民報さま)


金賞受賞酒22銘柄の内、13銘柄が会津地方のお酒でした(*゚▽゚*)

尚、南会津町の国権酒造さんは10年連続、会津若松市の名倉山酒造さんは9年連続の受賞となりました。


本当におめでとうございます!!!

5年連続「日本一」となった背景として、
“どうしたらおいしい日本酒が造れるのか”県の施設で研究してきた福島県ハイテクプラザの鈴木賢二科長は、
福島の酒が評価された理由について、鈴木さんは「適度な香りと切れ味、軽快できれいな味わいが評価されたのだと思う。福島ではおいしい酒を造るための技術交流が盛んで、若い人たちが意欲的なため技術の向上もはやい。酒造りは人づくりと言われ、人材が育ってきた成果だと思う」と分析とのこと。


実は私(34才)の周りでも、同世代で酒造りに携わり
本気で会津の酒を愛している人達が増えています。
個人で酒米をつくる36才や
同志たちでオリジナルのお酒をつくったり、
ここでしか味わえない、若い世代が造り上げる地酒シーンが確実にあると感じています。
社内の話ですが、会社のメンバーでの女子会でも
日本酒は必ず飲みますよ♪(日本酒好きな人が集まってるだけ?)


当館でも、近日、28年度作金賞受賞酒の取り扱いスタートさせます!!
少しだけ・・・・お待ちください!!!!!