記事一覧

千代滝ダイニング☆改装奮闘記 vol.1

2016.06.28

4月には千代滝ラウンジopen...
5月にはラウンジ横の売店が改装open...

満を持して、千代滝「4Fダイニング☆新改装」を開始致しました...!!

今まで主に会議室として使用していた4Fスペースを、この度新しいダイニングとして改装して参ります!

最早会議室は跡形もなく、作業場へと大変身中。
石膏ボードやらコンクリートやら配線やら、むき出し状態ですね。
大工さん達の休憩時間を狙ってパシャリ☆(大工さん達はシャイな方が多いので^^
ファイル 761-1.jpg
壁やら床やらぶち抜いて(笑)大空間へと変貌しております。

入口だってぶち抜いちゃいます☆
ファイル 761-2.jpg

ファイル 761-3.jpg

ファイル 761-4.jpg

もろもろ取っ払ったこの状態からどんな素敵☆空間が出来上がっていくのか…
openするその日まで随時更新して参りますので、ご期待くださいませ♪

西会津 「大山まつり」 大山祇神社へ行ってまいりました

2016.06.27

ずーーーっと行ってみたくて、ようやく行ってきました!!!


当館より車で約1時間。
西会津町 大山祇神社にて、6/1~6/30の1ヶ月間ひらかれる
「大山まつり」!!!

大山祇神社は、「山の神様」また「水の神様」が祀られており、


なーんと!!
一生に一度の願いは三年つづけてお参りすれば、なじよな願いもききなさる「野沢の山の神様」です!!!

そんな理由で、
会津だけでなく、隣接の新潟県や、山形県などからもたくさんの方が訪れます。
年に30万人が訪れるとか(゚д゚)

今月、6月は、特に
「家内安全」「五穀豊穣」を祈願するお祭りで
野店や、御神楽奉納が行われます。


大山祇神社は、西会津道の駅の近く。
車で行ける場所に遇拝殿があり、
そこから歩いて一時間ほどの大倉山八合目に本社、山頂に奥の院が祀られています。

この1時間のコースの途中には、水場が多く、
美しい滝や小川を横に、急でも緩やかでもない、
ほどよい山道を歩いていきます。


ただし!

サンダルやヒール、革靴などでは難しいので
行かれる際には、スニーカーやトレッキングシューズのご用意を!!

まずは、紫陽花が迎えてくれます。

ファイル 760-1.jpg


山道には、たくさんの実が見られました。

さすが山の中、見渡す限り周りは緑一色。
そこら辺に水が溢れているので、
心地よい水音と共に散策できます。

ファイル 760-3.jpg

道の途中には、6体の道祖神が祀られ、
ルート入口から、「やすらぎの道祖神」「うるおいの道祖神」「出会いの道祖神」「ぬくもりの道祖神」「よろこびの道祖神」「まどろみの道祖神」が出迎えてくれます。

この道祖神をひとつひとつ読んでいて思ったのですが、
恋愛の神様としても、カップルにもおすすめだなぁと思いました。
ひとつひとつ、愛を感じるエピソードが書かれており
最後に現れるのが「まどろみ」
ね??いいでしょ??

こちらは途中の不動滝
三日月のように流れ、
神聖な雰囲気を持っていました。

ファイル 760-4.jpg


カメラレンズが全体を映せるものでなかったので
分かりづらいですが(^^;
実際に生の目で見てほしいので、一部分だけお見せしますね(汗)

写真下は、不動滝を祀る社。
空気が澄んでいてとても気持ちよかった!


どんどん進むと
涼しい杉並木の山道。

更に進み、
こちらは、山頂近くの202段の階段。
けっこう急な階段ですが
意外と短くも感じました。

ファイル 760-2.jpg
(写真は帰りに撮ったものなので上から見た図)

このきつめの階段を上り終えると、社が見えるかな、と思っていたんですが

まだ見えず・・・(^^;

だんだん肉体も厳しくなってきたところに・・・
なだらかな道を進んでいくと
急に開けて、のぼりが見えました。

お蕎麦の文字!!!
身体を動かしたあとの幸せな誘惑♪

もちろん、ご褒美にいただきましたよ(^ω^)

ファイル 760-5.jpg

手打ち蕎麦と乾そばがあり、手打ちの山菜そばを頂きました。
たっぷりの山菜そば!!
山菜そばと言うと、かけそばに山菜ミックスが乗っていることが多いですが、こちらは流石は山の中。
新鮮な山菜がたっぷり、スープまで山菜のほどよい苦味が染み出していて
驚くほどの旨さでした!!

1時間の山登りの後なので、格別です!

田楽も2種、食べごたえがあり、とても美味しかったです。

そしてなぜか。。。
すみません。
興奮していたのか、山頂の御本社の写真を撮り忘れるという。。

これも、登ってからのお楽しみ♪ということで
ご愛嬌と言うことで(^_^;)

私も初の参拝だったのですが、
想像以上にキツかった。。

登山に比べれば楽なのかもしれませんが、
トレッキング感覚で行くと、けっこうゼーハーゼーハーするきつい坂道も要所要所に現れます。

二度目になりますが、
足元が滑りやすい場所があったり、山道は完全に整備されておりませんので、汚れてもよい靴でお越し下さいませ☆


■大山祇神社
■福島県耶麻郡西会津町野沢字大久保1445-2
■TEL:0241-45-2323

水稲の生育状況★vol.1

2016.06.26

会津の美味しいものの代表!
そうです、なんと言っても「お米」!!

お米の美味しさを期待して会津にいらっしゃる方も多いんじゃないでしょうか。
実際の美味しさは、是非、「来てみて食べて♪」いただくしかないんですが笑
会津のお米が美味しく☆育っていく状況ならお伝えできる!!

と、いう事で

会津の「水稲生育状況」を不定期にゆるーくお伝えして参ります。

…本当なら田植えなど、その辺りからお伝えできればよかったのですが…ごめんなさい(反省。

ファイル 759-1.jpg

青空と磐梯山と稲!
大体20㎝ぐらいに育ったでしょうか。

ファイル 759-2.jpg

梅雨入りしている会津ですが、数日前まで全然まとまった雨が降らず、田圃も水不足な状況でした。
ただここ数日は梅雨らしいしっとりとした雨が降っていますのでこれから田圃にもたっぷりと水が張ってくると思います。

では、今年の美味しいお米が獲れるまで、期待しながらお付き合いくださいませ^^

会津美里町「あやめまつり」行ってまいりました☆

2016.06.22

会津の名所「伊佐須美神社」横のあやめ苑にて、

只今 『あやめまつり』  開催中です^^

毎年 6月15日~7月5日に開催されるこのお祭り、
150種10万株のあやめが、白・黄・ピンク・紫などの色とりどりの花を咲かせております。

ファイル 758-1.jpg

結構敷地が広いので見応えがあります。
苑内は水路が通っていて、鯉がたくさんいます。
橋の上などに人影が映ると即座に餌を求めて口をパクパク…
鯉の餌は出店のおばちゃんが売っておりますので鯉にエサをあげたい方はお買い求めください^^

ファイル 758-2.jpg

小さいお子さんは喜んで餌をあげてますね^^
私も昔ねだって買ってもらって、餌あげた覚えがあります笑

私が見に行った日はとても天気が良くて、近くの介護ホームの方々も散歩にいらっしゃってました。
最寄駐車場からの足元は、土と小さい砂利の道が整備されていますので、車いすの方も押してくださる方がいれば楽しめると思います^^

ファイル 758-3.jpg

外苑だけあって、小さな滝もあったり ↓↓

ファイル 758-4.jpg

あとは、あやめ苑の奥側にひょうたん池があって、数年前に怪我して海を渡れなかった白鳥が住み着いているらしいです。

ファイル 758-5.jpg

近くで見ると結構大きい!!
ちなみに白鳥の餌も出店で売ってますが、立て看板には「白鳥に餌を与えないでください」との注意書きがありました笑


ぜひ、今しか見れない会津の美しさに会いにいらっしゃってください^^


最寄駅はJR会津高田駅ですが、徒歩20分ほどかかります。
お車でお越しの際は無料の駐車場がありますが、平日は大丈夫かと思いますが、土日は駐車場付近で一方通行や通行止めになる道路がありますので、時間に余裕をもってお越しください^^

祝!新酒鑑評会福島県4年連続日本一!!

2016.06.18

今年は本当に暑い日が多いですね。

暑い日は、お風呂上がりのビールが美味しくて仕方がありません!

でも・・♪

せっかく会津に来るのであれば、是非、今大注目の「地酒」を飲んでいただきたい・・・!

実は、先日の5月18日に、

☆ = 平成27年造年度全国新酒鑑評会 入賞酒 = ☆

が発表になりました。


なんと!


福島県が4 年連続、金賞酒受賞酒数 【日本一】 

に輝いたのです!!!!!!!!!!!!!


福島県の出品酒数は41銘柄のうち、26本が入賞。うち、18本が金賞を受賞致しました。

2位は山形県と兵庫県で、金賞酒数17本とたった1本の差!

まさに、汗と涙の結晶・・・


更に、なんと!金賞受賞酒、18本中、13本が会津の酒蔵さんなんです。

当館では、自慢の郷土料理と共に、

会津の金賞受賞酒がお楽しみいただけるようにと準備を進め、本日よりいよいよ提供スタートとなりました!!

お風呂上がりのビールのあとは、キリリと冷えた日本酒をどうぞ(´∀`)

<気になる、新酒鑑評会 金賞受賞酒は!?>


(#^.^#)


ででん!

松崎酒造(株) 「廣戸川」

(有)仁井田本家 「穏」

(有)玄葉本店 「あぶくま」

佐藤酒造(株) 「三春駒」

東日本酒造協業組合 「奥の松」


↓ ここから会津の酒蔵さん ↓


鶴乃江酒造(株) 「会津中将」

名倉山酒造(株) 「名倉山」

末廣酒造(株) 嘉永蔵 「嘉永蔵 大吟醸」

(資)大和川酒造店 「弥右衛門」

ほまれ酒造(株) 「会津ほまれ」

國権酒造(株) 「國権」

榮川酒造(株) 磐梯工場 「榮四郎」

榮川酒造(資) 「会津榮川」

末廣酒造(株) 「博士蔵」

(資)白井酒造店 「萬代芳」

豊国酒造(資) 「學十郎」

曙酒造(資) 「一生青春」

(資)喜多の華酒造場 「大吟醸 きたのはな」


= ここまで =

流石に18軒もあると、打ちこむのも一苦労ですね(^^;


福島県が、日本一になってから、金賞受賞酒は本当に手に入りづらくなっています。

昨年の、東京の酒販店などが催す市販酒対象の
「SAKE COMPETITION」という品評会では、
福島は20の蔵が出品し、全103点の入賞酒のうち「会津中将」「名倉山」「寫楽(しゃらく)」「會津(あいづ)ほまれ」「飛露喜(ひろき)」など18点が選ばれ、県別で最多数!という記録も叩き出しました!

お酒ブームの中、ノリに乗っている福島は、
震災後なぜ急に?

と思われるかもしれませんが、
もともと東北で多い、米のうまみをしっかりと引き出す芳醇タイプのお酒が見直されていることが背景にあるようです。

また、蔵に20~30代の人達が戻ってきたことや
酒造組合の中で、酒蔵が別でも、美味しい酒づくりを教え合うといった取り組みをされ、努力されていたこと等が
きちんとした評価を得られるようになった理由のようです。

ラベルも年々個性が出てきていて
限定等も

小さな酒蔵が多い為、出荷数が限られています。

「飲みたい!」「気になる!」という方は、是非お早めにチェックしてみてください!


大変ありがたいことに、

「地酒を楽しみたいからここ(千代滝)を予約したんだよ、」

というお声を頂戴することも増えたように思います。

みなさまにもっともっと喜んでいただけるよう、料理、サービス、おもてなし・・・

精進してまいります(#^.^#)

絶景!!会津のシンボル「磐梯山」

2016.06.15

2016年5月22日…みなさん、何の日だかご存じですか??


そう!会津のシンボルでもある「磐梯山の開山日」です!!笑
というわけで、開山日には行けませんでしたが早速磐梯山登山をして参りました。

まずは、ちょこっと磐梯山の紹介を☆
●日本百名山に選定されている活火山で、標高1816m
 (1904年時は標高1818mだったが、浸食により2010年に改定)
●元は「いわはしやま」と呼ばれ、【天に掛かる岩の梯子】を意味していた。
 (言われて納得するほど岩肌で荒々しい)
●南側は穏やかな山体を望む『表磐梯』
●北側は噴火による山体崩壊の跡の荒々しい『裏磐梯』と呼ばれる。
●1888(明治21)年7月15日 水蒸気爆発による山体崩壊は、現在の桧原湖・秋元湖や五色沼などさまざまな湖沼や裏磐梯の景観を形成した。

などなど…etc 興味をそそられた方はwiki先生に詳しくご質問を♪


磐梯山は登山ルートが6つあり、一般的なのが「八方台登山コース」です。
片道2時間ほどの最短ルートで、なんとこのコース!
地元の小学生が登るコースでもあります...!!
会津の小学校の多くが学年行事などで磐梯山登山を取り入れていて、
かくいう私も小学5年生?6年生?の時に磐梯山登っております笑


そんな事もあり、今回選んだコースは裏磐梯スキー場から登る片道想定4時間ほどの「裏磐梯登山コース」でした。
だが、しかし・・・

甘  か  っ  た  !!

小学生の頃にはそんなに疲れた記憶がなかったのに、この年(笑)になるとしゃべるのも苦しくなるぐらいキツイ!!
途中の写真を撮るのスッカリ忘れました笑


でもその分、頂上では、達成感と素晴らしい景色を堪能しました。

では、皆様お待たせいたしました!
磐梯山頂上からの景色をお裾分けいたします♪

ファイル 756-1.jpg
頂上から会津盆地を見下ろす絶景!
前日の雨で空気も澄んでおりきれいに見渡せました。

ファイル 756-2.jpg
少し角度を変えて、左側には猪苗代湖を見下ろせます。
頂上は岩がごろごろしてますね。
岩に座っておにぎり食べるのサイコー!!でした^^

ファイル 756-3.jpg
会津盆地の更に先~まで見通せます。
本当にきれいな青空でした!

ファイル 756-4.jpg
これは北側の景色。
ん~、大自然!!左側に見えるのは飯豊山の万年雪です。
右側にある湖が桧原湖です。冬にはワカサギを求めて釣り人が集まります。

この景色を見れば登ってきた甲斐があったというものです!

ちなみにこれは、頂上から少し下った所から撮影。
ファイル 756-5.php

噴火壁と呼ばれ、足元覗き込むと転がり落ちそうなくらい抉られていて、大噴火の爪痕がしっかりと刻まれています。


磐梯山を堪能しきった所で下山いたしました。
帰りは付近の日帰り温泉で疲れを取るのもいいですね!


磐梯山の登山シーズンは5月下旬~10月下旬。
今回登ったコースでは、草刈整備をしているおじ様方にも遭遇し、分かれ道では表示板もちゃんとあって迷うこともなさそうでした。

もし「この景色を私も見たい!!」と興味をそそられた方がいらっしゃったら是非磐梯山にいらっしゃってみてください^^


最後になりますが、磐梯山は現在も小規模な噴気活動が継続されている活火山です。
場所によっては人体に有害な火山性ガスが発生しています。
小学生が登る、と書きましたが足元が悪くなっているところも多数あります。
そして会津は自然豊かであるが故に、熊と人との遭遇率も低くありません。
登山口入口には必ず「熊出没注意」の看板があります。


色々な下調べ・準備をなさって登山に臨んでください^^

【じゃらん OF THE YEAR 2015】 =東北1位= 7連続受賞!!!

2016.06.13

いつもありがとうございますm(_ _)m

本日、仙台のじゃらんアワード2015授賞式にて、
めでたく、くつろぎ宿 新滝が

7年連続【じゃらん OF THE YEAR 2015】(客室51室~100室部門)

★東北1位

を受賞致しました!!

ファイル 755-1.jpg

くつろぎ宿は昨年、10周年を迎えました。

くつろぎ宿が発足してから、3年で【東北1位】の名誉ある賞をいただき、
それからずっと、7年も連続でいただいております。
これもひとえに皆様のお力添えあってのことと、心から感謝しております。

くつろぎ宿のモットーとしている、

「会津のファンをつくる」

を大切に、

まだまだ伝え切れない会津の魅力をお伝えできるよう頑張って参りますので
どうかあたたかく見守っていただけたら幸いです。


本当にありがとうございますm(_ _)m

『hattando』に行ってきました☆

2016.06.03

先週に引き続きカフェごはん第二弾です!
今回は会津美里町の『Cafe & marche hattando』に行ってきました~

ファイル 754-1.jpg

高台にある二階建てのカフェからは、会津盆地が広がる景色が楽しめます。
一階は白い天井と壁のシンプルな空間に、読みものが並べられています。
グリーンの窓枠、木の温もりがあたたかいテーブルやイス。
それぞれにこだわりを感じる、おしゃれで心地よい雰囲気です。

ファイル 754-2.jpg

さて、今回のごはんは「オムライス」と「ロコモコ」!
ふんわりたまごが鮮やかなオムライス、とろーりたまごが優しいロコモコ。
いやー、幸せです。とっても癒されます。
窓からの景色を眺めながら、ゆったりとごはんを楽しめました。

ファイル 754-3.jpg

ファイル 754-4.jpg
卵は私が割りました。。


のんびり癒されたい方におすすめです。ぜひどうぞ♪

【必見】 6/11(土)、12(日) 三島町 ふるさと工人まつり

2016.05.30

ファイル 753-1.jpg

この季節がやってきました!

ついに開催まで2週間を切った「ふるさと工人まつり」

てわっさの里として、様々な工芸品がつくられる
奥会津、三島町(日本一美しい村に選定されている)は
三島町生活工芸館前にて、爽やかな森林の下、
全国より170軒の、手づくり工芸作家さんが集まります!

この規模はなかなか・・

■みなさん気になったと思いますが「てわっさ」とは?
福島県の方言で、 「手作り」「手遊び」という意味があります。
「手業(てわざ)、手技(てわざ)」の訛りですね♪


会場となる三島町は、当館より車で約1時間ちょっととなります。
位置的には、東山温泉の真西に当たります。
奥会津は、車の出入りが少なく、ほんとにのんびりしています。

昨日、三島町でカセットボンベを購入しようと
お店を探し歩いていると、
みんなに、「どこでやってんだ?」って、聞かれて、
何に使うか説明していないのに、まず「どこで」って聞く当たり、なぜなんだろう?と興味深々。
という私以上に、みなさん私に興味深々になっていうようでした。


結局、商品としてボンベは売っていなかったので、
小さな個人の商店の方に、
「うちにあっから譲ってやるよ」
と言って、譲ってもらうことに\(^^)/
(もちろん、気持ちのお金置いてきましたけどね。)


本当にほっこりして気持ちのよい町です♪


こんなほっこりのんびりした町だから、
てわっさも捗るんだろうな~と。

奥会津では、主に、女性は、つる細工、籠などが名産として作られ、
男性は木工が盛んです。

木々き囲まれた土地の為、
木でつくられたものが多いのですね。


さて、長い前置きはここらへんにして本題ですが、
ふるさと工人まつりでは、町のひとはもちろん、全国から
てわっさ自慢の作家さんが集まるため、
手芸品、工芸品に興味ある方は必見ですよ!!!

ファイル 753-2.jpg

しかも、この工人まつりの出店審査基準や条件がかなり厳しいのだとか。
だからこそ、よりよいものが集まり、
気持ちの良いイベントとなるわけですね!


御見逸れしました/(-_-)\


尚、同時開催で、
もう少しバザー感覚の出店が楽しめる<てわっさの里まつり>もあります。
これは工芸館より、少し手前の部落宮下地区にて、古着、雑貨などの既製品も加えたてわっさ商店街ができます。
工人まつりより、シャトルバスも出ていますので
こちらもお見逃しなく☆


もちろん、この日は、お客様も全国から集まるため、いつもより賑やか☆かと思いますが、
いつも漂っているのんびりした空気感をぜひ味わっていただきたいと思います(^O^)


■第30回 ふるさと工人まつり
■日時:2016年6月11日(土)、12日(日) 9:00~16:00(12日は15:00迄)
■場所:福島県 奥会津 三島生活工芸館
    福島県大沼郡三島町名入諏訪ノ上395
■電話:0241-48-5502
☆駐車場は、工芸館より離れた場所にございます。駐車場より、シャトルバスに乗り換え、現地へと入ります。お時間に余裕をもっておこしください。

『CAFEオヤジ』に行ってきました☆

2016.05.27

ファイル 752-1.jpg
5月にも関わらず連日30℃超えの暑さだった先日、耶麻郡猪苗代町の『CAFEオヤジ』に行ってきました~

「お昼時は混むだろう。。」と予想し、時間をずらして午後2時過ぎに向かう完ぺきな作戦。
が!
着いてみると駐車場は県内外からのクルマでいっぱいでした(笑)


店内はアンティーク調の家具や雑貨が散りばめられており、待ち時間を飽きさせません。
おしゃれな照明や可愛らしいカトラリーなど、細部にもこだわりを感じます。

それではメニューをちょっとだけ紹介します!
まずは2つのおかずをチョイスできる【コンビプレート】☆
2種類選べるなんて、いつもオーダーを迷いに迷って日が暮れてしまう私にも優しいシステムです。
今回チョイスしたのは、
カリカリ揚げ鶏に爽やかな辛さのスウィートチリソースの「揚げ鶏のエスニック風」と、夏の訪れを感じさせる「初かつおのタタキ」。
ファイル 752-2.jpg
暑さに負けない夏らしいごはんに大満足でした♪

そしてもう1品は、
【あさりと春キャベツのパスタ風「イタメン」】☆
見た目は塩焼きそば?麺はラーメン!でも食べてみるとペペロンチーノ!?
ファイル 752-3.jpg
甘みたっぷりの春野菜とニンニクの効いたピリ辛スープがつるつるの麺とよく合って、一瞬で完食です♪

会津若松市内から車で30分弱です。
会津へお越しの際はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

【チーズケーキ】
ファイル 752-4.jpg

ページ移動