記事一覧

【美しき刀たち】福島県立博物館の刀剣展

2018.08.13

福島県立博物館で開催中の刀剣展「美しき刃たち」を見てきました。
東京富士美術館のコレクション展にくわえ、福島の名刀が展示されています。

整然と展示された刀からは、刀剣のもつ美しさが伝わります。
配布されるパンフレットでは、刀の鑑賞のポイントを説明してくれているので、馴染みのない方も楽しめる展示となっています。

この展示では一部の展示物の写真撮影ができます。
刀の他、室町時代から明治時代までの武具が展示されています。
私のお勧めは、明治時代の自由民権運動に参加していた河野広中が使っていた「仕込み刀」です。
明治時代の廃刀令以降、刀を隠し持つため杖に偽装していて、時代の空気感が伝わります。
(仕込み刀の写真撮影はNGでした…)
その他にも、土方歳三の刀の展示もございます。

刀剣展は8月19日までです。
大変よい展示ですので、ぜひ、ご覧ください。

当館、千代滝・新滝ともに14日以降は一部空室あります(満室間近)。
会津にお越しの際はぜひ、ご利用ください。

ご宿泊詳細・問合せ


くつろぎ宿 千代滝・新滝
0242-26-0001

展示詳細


福島県立博物館 美しき刀たち

本日オープン!!<新滝>わたり湯 男性 露天風呂♪

2018.08.11

ファイル 958-1.jpg

先日より、お伝えして参りました<新滝>の新しい露天風呂が
本日オープンいたしました♪

渓流沿いのお風呂なので、
浴槽の縁から見下ろせばすぐに湯川のせせらぎが・・・♪
暑さも忘れられそうな爽やかな空間となっています。

ファイル 958-2.jpg

可愛らしい丸みを帯びた浴槽となっていて、
周りが一面木で包まれているので、
木々に囲まれながらお風呂に入っているような
開放感あふれるお風呂になりました♪

今は、深緑が美しく、水面はその緑が映り込んで
なんとも言えない美しさ・・・♪


東山温泉のお湯を楽しんで頂くお風呂ですので、
洗い場はついておりません。
内湯で汗を流して頂いてから湯浴みをお楽しみください♪


まだまだ作り込みをしてまいりますので乞うご期待!です♪

【恵日寺】磐梯町で復元された薬師如来像

2018.08.09

1200年の歴史を持つ磐梯町のお寺、恵日寺(えにちじ)。
その再建プロジェクトの一環で、7月30日に薬師如来坐像が完成し、金堂内に設置、お披露目されました。
座像はせんとくんの生みの親で、彫刻家の籔内佐斗司教授率いる東京芸術大学の学生らにより復元されました。

座像には歳月を経た風合いをだす「古色仕上げ」を施されており、まるでずっとあり続けたかのように大変な美しさです。
恵日寺はゆっくりと景観整備がされており、在りし日の姿が少しずつ復元されています。
資料館もございますので、ぜひ一度、復元された座像をご覧にお越しください。


インスタグラム更新中です♪


【東山盆踊り2018】のお知らせ

2018.08.08


今年もお盆が近づいてまいりました。
この時期、帰郷される方も多いのではないでしょうか?

さて、今年も東山温泉街では盆踊りを開催いたします。
なんと、東山温泉の盆踊りは温泉街のシンボル、湯川の清流上に櫓を組んでの開催です。
民謡「会津磐梯山」に合わせて、ぜひ、一緒に盆踊りを楽しみましょう。
どなたでもご参加いただけます。


東山温泉盆踊り日程


8月13日(月)〜16日(木)

時間:19:00〜21:15

  • 13日:福島民報社と女将の夕べ
    14日:会津清酒の夕べ
    15日:福島民友新聞社と東山芸妓の夕べ
    16日:未来の子供たちの夕べ
  • また、湘南乃風の若旦那さんによるミニライブもあります。
    若旦那さんミニライブ 8月16日(木)18時30分〜

    東山温泉盆踊り期間中は會津十楽の出店もあります。
    盆踊り開催場所は、当旅館「新滝」からすぐ、「千代滝」からも歩いて3分ほどです。

    東山盆踊りチラシPDF
    會津十楽とは?


    盆踊り期間中のご予約について

    千代滝・新滝ともに盆踊り期間中のご予約、満室間近です(一部満室)。
    お早目のご予約をお願い致します。

  • 2旅館共通HP
    新滝ご予約はこちらから
    千代滝ご予約はこちらから

  • くつろぎ宿予約総合センター
    0242-26-0001



    東山盆踊り詳細・お問い合わせ

    東山温泉観光協会
    0242-27-7051

    会津若松市のおいしいラーメン屋さん「まったり」♪

    2018.08.08

    会津若松市のおいしいラーメン屋さん「まったり」を紹介します♪

    ここのお勧めは豚の背油入りの「まったりラーメン」です。
    背油入りなので味は濃厚ですが、クリーミーな味わいがありあっさりと食べれるのが特徴です。
    麺は会津ラーメンらしいちぢれ麺、スープがよく絡みます。

    写真は「まったりチャーシューめん」です。
    お昼時はいつも満車でなかなか入れないですが(3回連続!)、この日はお昼前に無事に入れました。
    会津若松市でのお昼にぜひ、お立ち寄りください。


    らーめん まったり


    営業時間
     11:00~15:00
     17:00~20:00
    定休日
     水曜日
    福島県会津若松市日新町13-50
    0242-27-1656


    インスタグラム更新中です♪

    くつろぎ宿 千代滝・新滝さん(@kutsurogijuku)がシェアした投稿 -

    10年ぶりの「会津本郷せと市」参戦して参りました♪

    2018.08.06

    夜が明けきらない内に、その市は開催されます。

    ファイル 954-1.jpg

    「会津本郷せと市」

    毎年8月第一日曜日に開催される陶器市です。
    現在は市町村合併で「会津美里町」と名前が変わった「本郷町」ですが、
    「会津本郷せと市」の名前はそのまま残り、
    陶器の町:本郷としての名残が垣間見られます。

    元々は、会津の高野山こと八葉寺への「冬木沢参り」のため、
    本郷地区を通る人々に向けて、
    本郷焼の窯元の弟子たちが小遣い稼ぎに「蔵浚い」として
    売り物にならない「ハネ物」を土産物として安く売ったのが始まりと言われています。

    今では、県内外から約3万人の人が会津本郷に訪れる、夏の風物詩となっています。
    せと市、という名前ではありますが、
    焼き物以外にも会津漆器や工芸品、朝どりの野菜やお菓子の出店など並んで賑わいます。

    -----------------------------------------------------------


    なんと言っても、本郷せと市の特徴は「朝市」だという事ですね。

    せと市開始は、早朝4時。
    市自体は12時まで開催されますが、
    早い所は7時には店仕舞となってしまいます。(商品が売り切れて)

    この時期の4時だとまだ日の出前。
    東の空がうっすら赤く染まり始まる頃、本郷せと市は始まります。

    ファイル 954-2.jpg

    もちろん、まだ日の出前なので空は暗く、売り場は薄暗いです。
    お店毎に照明をつけて下さる所もありますが、
    本郷せと市の別名は「懐中電灯市」!(私だけ?)
    薄暗い中、お目当ての商品を探すのには灯りが足りない・・・
    そこで、常連や地元民はMY懐中電灯を片手にせと市を散策します^^


    30分もたてば日が上り、周辺も明るくなってきますが、
    「大物」や「目玉特価」のものはこの開始30分の間に商談が成立してしまう事が多いです(笑


    明るくなってきてからは、手元も見やすく、人手もでてきて一気に賑やかな通りと化します。


    ファイル 954-3.jpg

    ファイル 954-4.jpg

    色とりどりの器や、
    一つ一つ違った柄のカップ、お茶碗など

    目に留まったものを手にとりながら一つ一つ食感を確かめながら

    この器にはどんな料理を盛ろうか、
    この花器にはどんな花を活けようか、
    手に取って思い浮かべるその時間そのものが楽しい一時です。


    ファイル 954-5.jpg

    ちなみに「コレ、買おうかな~・・・」と少しでも気になったものがあったら、
    その瞬間に買うべきです!!
    なぜなら、私もこのコーヒーカップを
    「可愛いな~ でも荷物になるし、あとで戻ってきた時に買おう~」
    なんて甘い考えでいたら、戻ってきたときには
    お買い上げされており、もう二度と私の手に収まることがありませんでした・・・涙

    残ったのは写真だけ(笑


    今回は、4時の早朝の時間を10年ぶりに体感したかった為、
    早く参戦して参りましたが、
    7時からは長~い坂をうまく使った流しそうめんも行われたり、
    その時間ごとに色々と楽しめる催しがあったようです。


    ぜひ、来年のせと市に行く機会がありましたらご参考になさってください♪

    私のオススメは早朝4時に懐中電灯を持って露店を回ること、です♪


    -----------------------------------------------------------

    せと市周辺には駐車場はありません。
    (厳密にはありますが、使用できません)
    各所に臨時駐車場が設置され、そこからシャトルバスが運行されます。

    詳しくは、毎年マップが公開されますので調べてみてください♪

    過去のブログはこちら
    http://www.kutsurogijuku.jp/blog/archives/671.html

    海のように波打つ、猪苗代湖、夏の光景♪

    2018.08.05

    ここはどこでしょう??

    ファイル 953-2.jpg


    一瞬海かな??

    と思ってしまいますね♪(タイトルでばれてますが…)

    こちらは猪苗代湖。

    会津人にとっては夏の行楽地として欠かせないものである「猪苗代湖」へ行ってまいりました。

    「猪苗代湖」は
    日本の福島県会津若松市、郡山市、耶麻郡猪苗代町にまたがる日本国内で4番目に広い湖である。別名、天鏡湖(てんきょうこ)とも呼ばれています。(ウィキペディアより)

    天鏡湖と呼ばれるのは、風のない凪のころ鏡のように静まった一定の水面ことですが、

    先日の猪苗代湖はまるで海のように波打っておりました。
    風が強い日は海の潮のようになる日もあるようです。


    動画でご覧ください♪

    夏休みということで、海水浴ならぬ「湖水浴」へ訪れる方でいっぱい♪


    足をいれてみると、涼しい~♪やっぱり夏は水辺が一番♪

    ぼーっと眺めているだけでも癒されますね。

    猪苗代湖には多数の「浜」があり、その「浜」ごとに特色が違います。

    湖水浴ができる浜(猪苗代観光協会HPより)
    ↓↓
    http://www.bandaisan.or.jp/entry-list.html?id=8650

    今回訪れたのは「志田浜」
    猪苗代湖の中でもっとも観光客が訪れる浜ではないでしょうか?(駐車場もたくさんありますし)
    久しぶりに訪れましたらなんだかおしゃれな雰囲気になっていました。


    ファイル 953-1.jpg


    ホテルさんやカフェがありますので、ドライブがてらの休憩にも最適♪
    郡山方面へお帰りの方はぜひ立ち寄ってみてくださいませ。

    【新滝 新露天 進捗その2 床面ができました♪】

    2018.08.05

    囲いができ、少しずつ完成系が予想できるようになってきました。


    お風呂を作るには4つのステップが必要とのこと!!

    形をつくるのに必要なステップは

    ①床(平場)

    ②お風呂の床

    ③お風呂の壁

    ④お風呂へのステップ(階段)

    です。

    この順番で成型を進めていきます。


    bifore

    ファイル 952-1.jpg


    ↓↓↓↓


    ファイル 952-2.jpg

    after


    こちらは①の床の面が終了したところですね。

    さらに②お風呂の床まで、成型終わりました♪
    ↓↓

    まずは枠と芯をいれて

    ファイル 952-3.jpg

    流しこむ…と

    ファイル 952-4.jpg


    形もだんだん見えてきましたね。

    まるっこい三角形のようなかわいい形です。

    このあとさらに壁面や、階段などを成型し完成に近づけてまいります。

    川沿いの緑が濃くきれいな時期なので、
    ここからの美しい緑越しに川面がどんな風に見えるのかな~と
    考えると完成が楽しみです♪

    【番外】~磐越西線の車窓から~


    ファイル 952-5.jpg

    田んぼの緑が鮮やかで美しい♪
    まさに夏休みといった光景です。
    磐梯山と青空とで、最高の列車旅です。

    夏休みの思い出に列車での旅も素敵ですね。

    磐越西線は福島県郡山市の郡山駅から会津若松駅を経由して
    新潟県新潟市秋葉区の新津駅までを結ぶ路線です♪

    会津へのアクセスにはゆったりと列車もおすすめですよ!

    新滝の植栽ライトアップ、夕暮れ時が最高です♪

    2018.08.04

    新滝の植栽ライトアップ、夕暮れ時が最高です♪

    くつろぎ宿新滝の正面では、古い建物の解体後、植栽を行いライトアップを行っております。
    お時間は18:00からとなっております。

    ファイル 951-5.jpg

    ファイル 951-2.jpg

    姉妹館の湯めぐりに出かけていくお客様が新滝橋の上から「きれいだね~」
    皆様でご覧になってくださっているのをみて大変うれしく思っております。


    植栽の木は紅葉が主ですので、秋のころはもっと美しくなることが予想されます。
    冬の頃も皆様の目を楽しませる仕掛けが何かできないか、現在スタッフみんなで考え中でございます。


    現在は対岸から植栽越しに新滝をみることもできます。

    ファイル 951-3.jpg

    ぜひ新滝にいらしていただきましたら、ライトアップをお楽しみくださいませ。

    千代滝の湯めぐり路も雰囲気も素敵ので、ぜひ千代滝の湯めぐりもお楽しみください。

    千代滝湯めぐり路入り口↓↓

    ファイル 951-4.jpg

    もちろん、姉妹館千代滝にお泊りのお客様も湯めぐりがてらにぜひ見に来ていただけましたら幸いです。

    【新滝 新露天 進捗その1】

    2018.08.01

    先日イメージ図をお届けした新滝新露天風呂ですが、
    現在急ピッチで作業が進められています…!!!

    ファイル 950-1.jpg

    ファイル 950-2.jpg


    木々が生い茂る場所での作業なのでちょっと大変そうですが、
    暑い中頑張って作業中です。

    完成したら涼し気な渓流を眺めながら、露天風呂をお楽しみいただけることと思います。


    ファイル 950-3.jpg

    新滝のわきを流れる川は「湯川」といい、温泉街にぴったりの名前です。
    さらさらと心地よい清流の音に耳を澄ませながら、お風呂をお楽しみくださいませ。


    皆様に素敵な露天風呂をご紹介できますよう、熱中症に気を付けながらこれからも進めてまいります♪

    皆様応援していただけましたら幸いです。

    ページ移動