記事一覧

【イベント紹介】会津の夏のイベント 2018

2018.07.11

この夏の旅行先は決まりましたか?
旅行の楽しみ方はたくさんありますが、地域のお祭りやイベントに参加するというのも一つです。
イベントに参加することで、観光だけでは見えてこない、その地域の意外な一面や魅力と出会えることがあります。

夏の会津はイベント盛りだくさんです。
せっかくなので、この夏は観光だけでなく、会津地域のイベントに参加してみませんか?


①あいづ食の陣・会津トマト 会津若松市

通年を通して実施中の「あいづ食の陣」、夏季は会津トマトがテーマです!
会津盆地は肥沃で寒暖差があるため野菜が美味しく実ります。夏野菜の定番であるトマトも生産が盛んで大玉からミニトマトまでたくさんの品種が栽培されています。

「あいづ食の陣」は会津の旬の素材を利用している会津若松市内の飲食店が参加しています。
旬のものを旬の土地で食す、これこそ旅行のだいごみですよね?

  • 開催期間
    7月1日~9月30日

  • 詳細、参加店舗などは下記よりご覧ください。
    会津食の陣ホームページ


    ②会津田島祇園祭 南会津町

    会津盆地の南にある南会津町では『会津田島祇園祭』が開催されます。
    なんと、京都や博多と並んで三大祇園祭の一つに数えられているのが会津田島祇園祭なのです!
    南会津地域に根付く「子供歌舞伎」、「大屋台運行」の他、「ななほかい行列」と呼ばれる花嫁行列が見どころで、地域の歴史や風俗を感じることのできるお祭りです。
    また、この地域最大のお祭りでもあるので、お祭りの屋台もたくさん出店しており一日楽しめます。

  • 開催期間
    7月22日~24日

  • 詳細、お問い合わせは下記よりお願いします。
    会津田島祇園祭ホームページ


    ③喜多方レトロ横丁 喜多方市

    会津盆地の北にある喜多方市では『喜多方レトロ横丁』が開催されます。
    今年で14回目、今や日本最大級のレトロ祭りとなりました。
    レトロモーターショー、大道芸、青空プロレス、ミニ機関車などレトロな出し物だけでなく、酒どころ喜多方の日本酒が楽しめる「喜多方SAKE万博」まで!一日楽しめるイベントです。
    蔵の街喜多方で、昭和レトロな雰囲気を味わってみませんか?

  • 開催期間
    7月14日~15日

  • 詳細は下記よりお願いします。
    喜多方観光物産協会


    ④オハラブレイク 猪苗代町

    会津盆地の東にある猪苗代湖畔で行われる夏フェス『オハラブレイク』、今年も開催です!
    朝寝、朝酒、朝湯が大好きで身上を潰したという豪快な生き様が民謡「会津磐梯山」で唄われている小原庄助さん、そんな庄助さんのスローな生き方がイベント名の由来になっています。
    夏空の下、磐梯山を見渡せる猪苗代湖の湖畔、そんな環境でビール片手に音楽を楽しむなんて最高ですよね?
    年々、豪華になっているラインナップ、こちらも今年も最高です!

  • 開催期間
    8月3日~8月5日

  • 詳細、お問い合わせは下記よりお願いします。
    オハラブレイク2018


    ⑤東山温泉盆踊り

    東山温泉では今年も盆踊りを開催します。
    温泉街を流れる清流の上に組まれた櫓の周りを、民謡「会津磐梯山」の歌とお囃子に合わせて盆踊りを楽しみます。
    温泉街に泊まって浴衣姿で踊りにでる、そんな夏の過ごし方はいかがでしょうか?
    会津磐梯山は振り付けが簡単なので、初めての方でもすぐに踊れます♪

  • 開催期間
    8月13日~16日

  • 詳細は下記よりお願いします。
    会津若松観光ナビ


    まとめ


    この夏の会津地域のイベントを紹介しました。
    会津は自然豊かな上に食や地酒、歴史も充実しています。
    せっかくなので観光を一泊増やして、会津のイベントに参加して地域の魅力をより楽しんでみてはいかがでしょうか?


    宿泊には会津地域の中心に位置する会津若松市内の東山温泉が便利です。
    会津若松市内を観光し、次の日はイベントに参加する‥。
    夏のご旅行に、ぜひ会津へお越しください。


    また、当旅館は、会津の旬な素材を用いた創作会津郷土料理の夕食の他、会津の地酒を揃えた「地酒の館」(千代滝)、地産地消の朝食バイキングなどがあり、会津をよりお楽しみ頂けるようになっています。
    ぜひ一度、ホームページをご覧ください。
    くつろぎ宿 千代滝 新滝


    ファイル 940-1.jpg