記事一覧

福島県を代表する桜の名所「三春の滝桜」開花宣言!

2017.04.15

本日の会津はしとしと雨が降っていて、最高気温18℃の予報ですが少し肌寒く感じられます。

明日は、最高気温22℃まで上がり、天気も太陽が顔をのぞかせてくれるようなので今日より観光日和になってくれるでしょうか♪


そんな天気の中、昨日福島県を代表する桜の名所「三春の滝桜」の「開花宣言」が出されました。


■ 三春の滝桜とは…?? 


樹齢はなんと1000年以上(推定)

大正11年10月12日に、桜の木としては初めて国の天然記念物に指定された名木です。

開花期には四方に伸びた枝から、薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、その様はまさに流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになったとも言われています。

その雄大さ、美しさを一度は見てみたいと多数のお客様が訪れる名所なのです。


ファイル 829-1.jpg

東日本大震災では、いくつかの枝が折れたが大きな損傷はなく、
それでも観光客への十分な対応が困難立ったため
一時的に夜間のライトアップ、シャドトルバスの運行なども中止していた時期もありました。

しかしそんな滝桜ですが、今年も無事開花宣言が出され、福島県の名所として盛り上げてくれています。


ライトアップは午後8時30分まで行われているので期間中に是非一度は訪れて頂きたいスポットの一つ♪

また、三春町では、滝桜の保護・保存や周辺環境の整備、来場者の受け入れ態勢の充実を目的として

「三春滝桜観桜料徴収条例」を制定し、開花宣言の翌日から開花期間中は観桜料( 300円 )をご負担いただいております。


三春の滝桜に続き、会津の桜も今週には見頃を迎えてくれそうです♪

是非、会津に来られる際に三春の滝桜をご覧になられてきてはいかがでしょうか♪