記事一覧

西会津 「大山まつり」 大山祇神社へ行ってまいりました

2016.06.27

ずーーーっと行ってみたくて、ようやく行ってきました!!!


当館より車で約1時間。
西会津町 大山祇神社にて、6/1~6/30の1ヶ月間ひらかれる
「大山まつり」!!!

大山祇神社は、「山の神様」また「水の神様」が祀られており、


なーんと!!
一生に一度の願いは三年つづけてお参りすれば、なじよな願いもききなさる「野沢の山の神様」です!!!

そんな理由で、
会津だけでなく、隣接の新潟県や、山形県などからもたくさんの方が訪れます。
年に30万人が訪れるとか(゚д゚)

今月、6月は、特に
「家内安全」「五穀豊穣」を祈願するお祭りで
野店や、御神楽奉納が行われます。


大山祇神社は、西会津道の駅の近く。
車で行ける場所に遇拝殿があり、
そこから歩いて一時間ほどの大倉山八合目に本社、山頂に奥の院が祀られています。

この1時間のコースの途中には、水場が多く、
美しい滝や小川を横に、急でも緩やかでもない、
ほどよい山道を歩いていきます。


ただし!

サンダルやヒール、革靴などでは難しいので
行かれる際には、スニーカーやトレッキングシューズのご用意を!!

まずは、紫陽花が迎えてくれます。

ファイル 760-1.jpg


山道には、たくさんの実が見られました。

さすが山の中、見渡す限り周りは緑一色。
そこら辺に水が溢れているので、
心地よい水音と共に散策できます。

ファイル 760-3.jpg

道の途中には、6体の道祖神が祀られ、
ルート入口から、「やすらぎの道祖神」「うるおいの道祖神」「出会いの道祖神」「ぬくもりの道祖神」「よろこびの道祖神」「まどろみの道祖神」が出迎えてくれます。

この道祖神をひとつひとつ読んでいて思ったのですが、
恋愛の神様としても、カップルにもおすすめだなぁと思いました。
ひとつひとつ、愛を感じるエピソードが書かれており
最後に現れるのが「まどろみ」
ね??いいでしょ??

こちらは途中の不動滝
三日月のように流れ、
神聖な雰囲気を持っていました。

ファイル 760-4.jpg


カメラレンズが全体を映せるものでなかったので
分かりづらいですが(^^;
実際に生の目で見てほしいので、一部分だけお見せしますね(汗)

写真下は、不動滝を祀る社。
空気が澄んでいてとても気持ちよかった!


どんどん進むと
涼しい杉並木の山道。

更に進み、
こちらは、山頂近くの202段の階段。
けっこう急な階段ですが
意外と短くも感じました。

ファイル 760-2.jpg
(写真は帰りに撮ったものなので上から見た図)

このきつめの階段を上り終えると、社が見えるかな、と思っていたんですが

まだ見えず・・・(^^;

だんだん肉体も厳しくなってきたところに・・・
なだらかな道を進んでいくと
急に開けて、のぼりが見えました。

お蕎麦の文字!!!
身体を動かしたあとの幸せな誘惑♪

もちろん、ご褒美にいただきましたよ(^ω^)

ファイル 760-5.jpg

手打ち蕎麦と乾そばがあり、手打ちの山菜そばを頂きました。
たっぷりの山菜そば!!
山菜そばと言うと、かけそばに山菜ミックスが乗っていることが多いですが、こちらは流石は山の中。
新鮮な山菜がたっぷり、スープまで山菜のほどよい苦味が染み出していて
驚くほどの旨さでした!!

1時間の山登りの後なので、格別です!

田楽も2種、食べごたえがあり、とても美味しかったです。

そしてなぜか。。。
すみません。
興奮していたのか、山頂の御本社の写真を撮り忘れるという。。

これも、登ってからのお楽しみ♪ということで
ご愛嬌と言うことで(^_^;)

私も初の参拝だったのですが、
想像以上にキツかった。。

登山に比べれば楽なのかもしれませんが、
トレッキング感覚で行くと、けっこうゼーハーゼーハーするきつい坂道も要所要所に現れます。

二度目になりますが、
足元が滑りやすい場所があったり、山道は完全に整備されておりませんので、汚れてもよい靴でお越し下さいませ☆


■大山祇神社
■福島県耶麻郡西会津町野沢字大久保1445-2
■TEL:0241-45-2323