記事一覧

こだわりのお蕎麦屋さんへ「蕎麦酒菜 祥」さんを訪問

2015.09.13

今日は先日お伝えしました、宮古地区で有名な喜多方市山都町では
「山都かあちゃんたちの雪室そば祭り」がありましたよ♪

連続で蕎麦の投稿、どうぞお付き合いくださいませ。
だって、もう少しで新蕎麦の時期なんですもの!(笑)
だって、だって、会津には美味しいお蕎麦屋さんがたくさんあるんですもの!(笑)

本当は、ただ、先日食べたお蕎麦やさんにとても感動したからなんです。

そのお蕎麦やさんとは…

会津の中心地にお店を構える 「蕎麦酒菜 祥」 さん。


七日町通りと野口英世青春通りの交差点から30秒ほどあるいたところです。

まず、暖簾をくぐると
着物を着た女将さんと、下駄の音が印象的なご主人が
あたたかく迎えてくれました。

初めてのお店だったので緊張しながらも
おしながきに目をやると、

ファイル 679-1.jpg

なんとも変わったメニューが。

「スタミナそば」

どんなものですか?と聞くと、
生野菜と、ピリッと辛いお肉がのっているのだそう。

やはり、初めてなのでまずは、ざる蕎麦でしょう!ということで
ざる蕎麦と、お手頃な価格のかき揚げを注文しました。

厨房の方から下駄の音が聞こえて
お蕎麦が目の前にやってきました!!

ファイル 679-2.jpg

なんと美しい蕎麦なんでしょう。

涼しげなガラスの器に、柿の葉でしょうか
まるで、花のように盛られたお蕎麦は、その見た目に思わず背筋がピンとなります。

蕎麦は上品な香りのする、コシの強いもので
味わって食べるお蕎麦ですね。

かき揚げも素晴らしく、
5種類くらいは野菜がゴロゴロと絡めた、こちらもカタめのかき揚げでした。
この相性が◎

ファイル 679-3.jpg

野菜が本当においしくて、
幸せな気分でした。


最後に蕎麦湯を。
素敵な湯呑と一緒に渡されたので、きっとストレートで飲んでほしいのだな、と勝手に解釈。
(当たり前ですけれども)

ファイル 679-4.jpg

このお蕎麦の蕎麦湯は、体に絶対にいいに違いない!
ということで、
半分は蕎麦猪口に、半分は湯呑に入れて全ていただきました。


「おいしゅうございました」

そんな言葉が合うお蕎麦屋さんでした。

あとから調べると、なんと、あの、着物を着ていた女将さんが
打ったお蕎麦だったんですね!

思わず、「なるほどなぁ」と。

そのこだわりは、こちらのホームページからちょっとだけ覗くことができます♪
↓↓↓
「会津物語」http://aizumonogatari.com/gourmet/875.html

<参考>
ざる蕎麦 1,000円
かき揚げ 250円

≪お店はこちら≫
■蕎麦酒菜 祥
■住所 福島県会津若松市大町1-9-6
■TEL 0242-32-2556
■営業時間 11:00~21:00
■定休日/第2・第4金曜日(祝日の場合営業)

トラックバック一覧

未承認 from 未承認
2015.12.15(火) 18:29
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
未承認 from 未承認
2015.12.16(水) 16:04
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
未承認 from 未承認
2015.12.17(木) 13:36
管理者に承認されるまで内容は表示されません。